ADB年次総会の開会式で演説をする麻生副大臣(KAZUHIRO NOGI/AFP/Getty Images)

写真拡大

 ADB(アジア開発銀行)年次総会が、6日、日本・横浜で開催された。

 議長国演説で麻生副総理兼財務大臣は、高度な技術を導入したインフラ整備を促進するため、ADBが新たに創設する信託基金に対し、2年間で4000万ドル(約45億円)を拠出すると表明した。インフラ整備における高度な技術は日本が得意とする分野であり、その方面での受注が見込まれる。

 また同日、第6回日中財務対話が行われ、対話には麻生財務大臣及び肖捷・財政部長、及び、両中央銀行、財政当局幹部が参加し、国際経済・金融に係る主要な問題において協議の継続を再確認。両大臣は、相互に関心を持っている事項に関する共同研究を立ち上げると表明した。特に中国では鉄鋼分野の過剰生産が問題となっており、解決に向けた取り組みが期待される。

(大道)