バチカンで宣誓式に臨むスイス衛兵(2017年5月6日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ローマ法王庁(バチカン)で法王の警護にあたるスイス衛兵(Swiss Guards)の新兵40人が6日、宣誓就任した。やりを持って法王に仕えるスイス衛兵の歴史は500年前にさかのぼる。

 バチカン市国では何世紀も前から観光の目玉でもある華やかに着飾ったスイス衛兵たちは、必要とあれば法王のために命をささげることを誓う。

 伝統的に衛兵が手にしているスチール製のおののような武器のやりは、バチカンもテロの標的とされ、法王は24時間体制で警護されているグローバルテロリズムの現代では純粋に見せ物として使われている。

 事実、110人の衛兵たちは、やり以上のより現代的な武器を秘密の場所に隠してある。

 だが指揮官のクリストフ・グラフ(Christoph Graf)氏は、もう一つの武器を示した。すべての衛兵に与えられる「破壊できない」ロザリオだ。

「法王を守る手段は2つある。武器と信仰だ」と、グラフ氏は新兵40人(ドイツ語を話すスイス人23人、フランス語話者13人、イタリア語話者4人)の宣誓式前に語った。

 大勢の前任者たちと同様に、40人は法王を守るために「必要ならば自分の命を犠牲にし、全力で、誠実に、忠実に、高潔に」仕えることを誓った。

 スイス衛兵には誰もがなれるわけではない。志願者はカトリック教徒のスイス人で、19〜30歳の独身男性、身長174センチ以上という条件がある。
【翻訳編集】AFPBB News