口うるさい元妻を寝室に閉じ込めた男に判決下る(出典:http://metro.co.uk)

写真拡大

別居のためにとうに出て行った妻が経済的な問題を相談すべく戻ってきて、些細なことで喧嘩になってしまった。男はうるさくなじる元妻を寝室に閉じ込め、ひとりで静かに夕食をとった。しかしそれは立派な不法監禁罪となり、罪に問われた男の判決がこのほど下された。英紙『Metro』など複数のメディアが伝えている。

英ウェスト・ヨークシャー州ブラッドフォードに暮らすケビン・ドレイク(59歳)は、元妻だったモイラさんと34年の結婚生活を送ったが、2人にとって決して幸せとは言い難いものであった。

2012年に2人は別居し、モイラさんはケビンと暮らした家を出た。しかし経済的なことを相談するため夫の住む家に戻ってきたモイラさんとケビンは2017年2月11日、喧嘩になった。その原因はタバコのライターをどこへやったのかという非常に些細なことだったのだが、元夫婦は諍いを起こしモイラさんは寝室へと入った。

するとケビンはモイラさんを寝室に閉じ込め、鍵をかけた。喧嘩になった時、ケビンは夕食をとろうとしていたために、せめて食事が終わるまでは静かな時間を保ちたかったのだろう。寝室の鍵は簡素なものであったが、閉じ込められたと知ったモイラさんは寝室の窓から大声で叫び助けを求めた。

警察が駆け付けた時にケビンはまだ食事中だったという。元妻を不法監禁した罪で逮捕、起訴されたケビンは、このたびブラッドフォード刑事法院で行われた裁判で「食事が終わったら元妻を寝室から出すつもりだった」と明かしている。

ケビンを弁護したソフィー・ドレイク弁護士は「被告は過去にこうした問題を起こしたことは一切ない」と述べた上で「2人は2012年から別居状態にあり、常に張り詰めた雰囲気の結婚生活を過ごしていた。双方にとって決して幸せな結婚生活とは言えなかった」と語った。

現在のケビンは体調が悪く、再犯を起こすことは考え難いと判断したデイヴィッド・ハットン判事は「不法監禁は深刻な犯罪だが、今回は状況が異なる」として2年間条件付きの釈放を与え、ケビンに今後5年間は弁護士を通す以外モイラさんへの接近禁止命令が下された。

30年以上連れ添った夫婦であっても、ケビンとモイラさんの場合はまさに仮面夫婦だったのだろう。このニュースを知った人からは「じゃあ、ケビンは少なくとも5年は平和でいられるわけだ」「普段ガミガミ言われっ放しだったのなら、ケビンの方が元妻に言葉の虐待を受けていたんじゃないのか。ケビンが元妻を訴えることもできたのでは?」「誰だって食事の時ぐらい落ち着いて食べたいものだ。ケビンの気持ちがよくわかるよ」「なんだかケビンがかわいそう」といったケビンを擁護する声もあがっている。

出典:http://metro.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)