いつまでも仲良しでラブラブ! そんなカップルにはある共通点があるのです。今回は、うまくいっているカップルの特徴についてご紹介します。大好きな彼と、理想的なカップルになれたら、うれしいですよね!

理想的なカップルの特徴

1. お互いを理解することが楽しい

恋人といっても、もとは他人です。相手を理解するには、たくさんの時間をかけなくてはいけません。相手のことをわかった気になって、コミュニケーションをないがしろにしていたら、いつかすれ違ってしまいます。
理想的なカップルは、お互いを理解することを面倒だなんて思いません。いろんな話をし、相手のことを知ることができるのがうれしいのです。また、相手がよろこぶことを自然とできるようになるので、ますます円満な関係になっていきます。

2. お互いを感謝している

月並みですが、「ありがとう」という言葉は大切です。相手がしてくれたことを決して当たり前と思わず、お互い感謝しあっていることが理想のカップルの特徴。共働きであれば、彼は彼女に家事を押しつけず協力してくれるでしょう。「俺だって疲れているんだよ!」なんて言葉は使いません。お互い思いやりの気持ちをもって接しています。

3. 本当の自分を見せている

好きな人にはいいところを見せたいと思うもの。しかし、背伸びしてばかりでは本当の信頼関係は築けません。自分のダメなところ、かっこわるいところを受け入れてくれる相手こそ、理想の恋人といえるでしょう。あなたのダメなところを見て去っていくような人は、あなたにふさわしい相手ではありません。
本当の恋人は、あなたの素の姿もいとおしいと思ってくれるのです。お互いがリラックスできる関係を築けてこそ、理想のカップルといえるでしょう。

4. 一緒にいて成長できる

「寂しがりだから、たくさんかまってくれる人がいい」「経済力があって豊かな生活をさせてくれる人が理想」――など、自分のしてほしいことを満たしてくれる相手が理想のパートナーというわけではありません。欲求を満たしてくれるだけでなく、自分の成長に影響を与えてくれる人こそ、理想のパートナーです。「一生懸命、仕事に打ち込む姿に刺激を受けて、自分も頑張ろうと思った」など、お互いに尊敬できる部分があり、成長しあえる関係は長く続いていくでしょう。

5. 服装や雰囲気が似てくる

長年連れ添った夫婦が似てくるように、服装や雰囲気が似ているカップルはいい関係を築けているでしょう。波長が同じカップルは、なぜか表情や雰囲気が同じであることが多いのです。付き合ったばかりだったり、どこか無理をしているカップルはお互いの雰囲気がチグハグ。まわりから「お似合いだね」と言われるようになれば、2人は理想的なカップルになったといえるでしょう。

理想的なカップルになるためには、ある程度の時間が必要。あせることはありません。お互いが歩み寄る努力をすれば、きっと理想の2人になれるはずです。