付き合うと“女の子扱い”されないのはナゼ?「友達みたいな彼女」に対する男性のホンネ

写真拡大

【相談者:30代女性】
彼氏はできるものの、あまり長続きしたことがありません。
彼と友だちのような関係になってしまい、恋人同士の感覚が薄れてしまうことが原因のように思います。
そんな関係になってしまう理由ってあるのでしょうか?

●A. いつも変わらず、ギャップもないタイプの女子は要注意です。

ご質問ありがとうございます。
人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

恋人同士は仲がいいに越したことはありません。
会う機会が少なかったり、寂しい思いをしていたり、気が合わずにギクシャクしているカップルよりは、よっぽど幸せだといえるでしょう。

ただし、あまりにも仲が良すぎることで、悩みを抱えている人もいます。
友だち感覚の付き合いになってしまい、カップルらしい付き合いができなくなっている人たちです。

気も使わず、居心地の良さを感じながら付き合いたいカップルなら問題はないかもしれません。
しかし、どちらか一方だけがカップルらしい関係を望んでいる場合は、そんな恋愛に疑問を感じてしまうもの。
最悪の場合、気持ちが満たされずに別れてしまうケース もあることでしょう。

どんなときでもキャラクターを変えず、ギャップのないタイプの女子は、彼からそんな風に思われる可能性を秘めています。
「彼女だからこそ」の瞬間がなく、「友だちのような」時間が続いてしまうことに、彼の恋愛感情が薄れてしまうことが原因です。

ここでは、彼女と友だちのような関係になってしまっている男子たちに本音を聞いてみました。
恋愛を長続きさせるヒントとしてご覧ください。

●(1)彼といるときと普段のギャップがないタイプ

『僕と一緒にいるときも、友だちと一緒にいるときも、いつでもどこでも誰といても雰囲気が変わらない彼女。居心地はすごくいいんですが、すでに友だち感覚で付き合ってますね』(29歳/営業)

彼女としての顔は、普段の顔と変えて欲しいと望む男子も多いもの。
たとえ友だちと一緒に遊んでいたとしても、二人きりになった瞬間、「彼女の顔」を見せて欲しい と望むのは、彼氏として当然のことでしょう。

性格の問題もありますので、無理して別人格を作る必要はありません。
彼と二人きりのときには、ちょっと甘えてみたりわがままを言ってみたり、そんな程度の「彼女の顔」でも、彼はきっと喜んでくれるはずです。

●(2)ロマンチックなときでも明るいタイプ

『ロマンチックなムードになっても、常に明るいキャラクターの彼女。せめて、そんな時くらいは女っぽくなって欲しいのですが……。明るい性格は彼女のいいところでもあるので、変えてとは言い辛いんですよね』(27歳/美容師)

普段から明るいキャラクターの女子や、サバサバしたタイプの女子は、ロマンチックなムードのときに、態度を変えることに抵抗を感じる人もいるでしょう。
自分らしくないと感じたり、恥ずかしく感じたりしてしまうのがその原因。

ただし、ロマンチックなムードのときくらいは、彼に温度を合わせたいものですね。
そんなムードのときこそ二人の愛が深まるもの。新しい自分の一面を発見する つもりで、彼とのムードある時間を楽しんでみましょう。

●(3)服装・言動・態度のすべてに女っぽさがないタイプ

『ボーイッシュな彼女。服装はもちろん、言動や態度にもあまり女っぽさが感じられません。自然と友だち的な付き合いになっちゃいますよね』(28歳/営業)

周りから「男っぽいね」と言われる女子は、彼との付き合い方も、友だち関係のようになってしまうケースが多いようですね。
彼も彼女のそんなキャラクターが好きで付き合っているなら問題はないかもしれません。しかし、付き合いたての頃はよくても、徐々に女っぽさを求め始める彼氏 もいますから要注意です。