左から釘宮理恵、平野綾、真島ヒロ、柿原徹也、茜屋日海夏、タカオユキ

写真拡大

アニメ映画『劇場版フェアリーテイル -DRAGON CRY-』が5月6日に公開となり、TOHOシネマズ 新宿で同日行われた初日舞台挨拶に、声優の柿原徹也、平野綾、釘宮理恵と、主題歌担当のi☆Ris茜屋日海夏、みみめめMIMIタカオユキのユニット「POLKA DOTS」が登壇した。

柿原徹也、平野綾、釘宮理恵らのソロ写真

本作は「週刊少年マガジン」で2006年より連載がスタートし、今も連載中の同名人気コミックが原作。テレビアニメは全277話と長期に渡り放送され、海外からも高評価を受け、全世界累計発行部数6000万部を超える大ベストセラー作品だ。

今回の劇場版は、原作者・真島ヒロが自ら描き下ろした約200ページに及ぶ渾身のネームをもとにしたオリジナルストーリーで、断崖絶壁に囲まれた孤島・ステラ王国を舞台に、ナツやルーシィらお馴染のメンバーに加え、魅力的な劇場版オリジナルキャラクターたちがスクリーンを彩る。

舞台挨拶には、スペシャルシークレットゲストとして、その真島がサプライズ登壇。予告されていなかった真島の登場に、『FAIRY TAIL』ファンで埋め尽くされた客席からは歓喜の拍手と歓声が上がった。柿原と真島は特に仲が良く、かつて真島がイベントでフランスのパリに行った際に「フランスについてから日本にいる柿原くんに連絡して、冗談で柿原くんも来なよと言ったら、本当に日本からフランスまで来たんです!」とびっくりエピソードを披露。これに柿原は「しかも全額先生が払ってくださったんですよ」と真島の驚きの太っ腹エピソードを明かし、会場内を沸かせた。

また、ファンに向けてのメッセージでは、釘宮が「今回1年ぶりの『FAIRY TAIL』でしたが、すんなりハッピーの役に戻ることができて楽しく収録できました。TV版の収録をしていた頃に、原作の真島ヒロ先生と一緒にご飯を食べに行った時がとても楽しかったのを良く覚えています。真島先生の素敵な人柄が良くわかりました」とコメント。平野は「またこの作品でこのメンバーで初日を迎えられて本当に嬉しいです。今『ルーシィ・ハートフィリアです』と言ってウキウキしています。『FAIRY TAIL』という作品は原作の真島先生もスタッフの方々も声優陣も熱がすごい作品なので、この劇場版もファンのみなさんの熱で盛り上げて頂きたいと思います」と話した。

真島は「今回の劇場版がみなさんの目にどう映ったのかはまだわからないですが、面白いと思って頂けたらそれはスタッフや声優さんの力だと思うので、その人たちをねぎらって頂けると嬉しいです。みなさんのおかげで、こんなにも長い間連載させて頂き、本当にありがたいです。原作の方は現在最終章で、終わりに向かっているのですが、みんなが良かったと思って頂ける終わりに向けているので、ぜひご期待ください!」と挨拶。

柿原は「こんなにたくさんの方々にお越し頂き、本当にありがとうございます。長年ナツと歩んできて、ルーシィやハッピーと冒険をしてきて、劇場版まで来ることができました。TV版とは違いわざわざ劇場まで足を運んでくださる方々がいて、こんなに嬉しいことはありません。お越し頂いているみなさんに恥じないような作品を作ったという自信もあるので、これからもどうぞよろしくお願いします」とアピールしていた。