2017年4月30日(日)に富士スピードウェイで開催された「モーターファンフェスタ」。

昨年は濃霧で肌寒い気候となりましたが、今年は富士さんもくっきり見えるくらいキレイな快晴で最高のイベント日和! 22,757名のお客さんが富士スピードウェイに足を運びました。

モーターファンフェスタでは、イベントのキャッチコピー【「試乗」最大の『クルママツリ』】の通り、来場者が体験できるプログラムがたくさんありました。

なかでも特に人気だったのが「スペシャル体感試乗会」。試乗会は午前、午後と行われたのですが、試乗申し込みの列にはもの凄い数の人が集まり、あっという間に参加券の配布が終了! 試乗できた方、ラッキーでしたね。

新型車大試乗会では、国内外から気になる車種55台が大集合! しかも自分で運転までできるという(ホンダNSXのみ同乗試乗)、とっても嬉しいプログラムです。

  

「乗り比べ試乗会」では水素自動車(トヨタMIRAI、ホンダクラリティFC)、高級ハイパフォーマンス車(レクサスRC350、日産フェアレディZ NISMO)、PHV&レンジエクステンダーEV(トヨタプリウスPHV、BMW i3)、軽スポーツ(ホンダS660、スズキアルトワークス)、日独人気SUV(マツダCX-5、フォルクスワーゲンティグアン)、日独ハイパフォーマンス4WDサルーン(スバルWRXSTI、アウディS4セダン)、最新ミドルクラススポーツカー(マツダロードスターRF、スバルBRZ)と、比較されることの多い車種を実際に乗り比べることができちゃうというではないですか!

気になる2台を乗り比べられるなんて、なんて贅沢なんでしょう!! このような大規模試乗会ができるのもモーターファンフェスタならではですよね。

   

試乗コースもパワーアップ! 試乗会乗車場所のイベント広場からスタートし、西ゲートで折り返して戻ってくるというコースなのですが、今年から西ゲートの駐車場にはパイロンが立てられ、クルマの挙動を更に詳しく体感できるようになりました。

憧れのクルマを運転するお客さんの顔はとっても嬉しそうで、皆さん目がキラキラ輝いていました。

あっという間になくなってしまった試乗会参加券。次回は更に一人でも多くの方に楽しんでもらえるよう、参加方法等いろいろと検討中なのだとか。来年の大試乗会も期待したいですね!

「体験」だけではなく、「見る」プログラムも充実しているモーターファンフェスタ。

私が一番楽しみにしていたのが「Ferrari F1 Exciting Demo Run」。1996年にミハエル・シューマッハーがドライブしたフェラーリF130の走りを見られるなんて、F1好きとしては絶対に見逃せません。

 

V10エンジン搭載のF130のサウンドは、現在のF1とは大違い! コース上にマシンが見えなくても、どこからともなく聞こえてくる甲高いエンジン音に大興奮でした。マシンの形も現在のように複雑なウイングがなく、すっきりとしています。

 

最終コーナーから立ち上がり、メインストレート上に赤いマシンが見えた時には感動しました。幻のV10サウンドが今でも頭から離れません!

「マツダ夢の共演」では、GLOBAL MX-5 CUPカーとR360クーペ、そして1991年ル・マン24時間耐久レースで見事優勝を果たした787Bが同時に走行するという、夢のようなデモ走行も行われました。

Mr.ルマンこと寺田陽次郎さんがドライブする787Bのスピードにびっくり! めちゃくちゃ速いんです!! 富士スピードウェイ名物の長い長いストレートをあっという間に走り去っていきます。

一方、R360クーペはスポーツカーでもチューニングカーでもなく、普通の乗用車なので他の2台が2周走る間にようやく1周を走り終えました。小さいながらに一生懸命走っている姿はなんとも可愛く、思わず「頑張れー!」と応援したくなっちゃいました。

そしてMX5とR360が横に並んで走る間を、787Bがびゅんと駆け抜けていく姿は、鳥肌がたつほど感動しました。会場からも自然と大きな拍手が沸き起こり、皆さんきっと同じ気持ちだったのではないかなと思います。

 

通常のモータースポーツイベントは「見る」がメインですが、モーターファンフェスタは「体験」がメイン。気になるクルマに試乗できたり、また講習ではプロの方に運転について詳しく教えてもえたりと、見るだけでなく実際に体験するって様々な発見があって凄く楽しい! クルマのことが今まで以上に好きになりました。

 

そして、憧れのマシンの走行や、D1GPエキシビジョン、各ブースの展示、グリッドウォークと見所満載で1日を通して楽しめる贅沢なイベントでした。来年は一体どんなクルマを見て、そして乗ることができるのか、次回の開催が今から楽しみです!

(写真:clicccar編集長小林和久・文:yuri)

【関連記事】

国内最大級のグリッドウォーク!富士スピードウェイのホームストレートを88台の名車が埋め尽くした!!
https://clicccar.com/2017/05/04/469397/

思いっきりスピン体験! 安全で正しいドライビングを学べる「モビリタ・スペシャルエクスペリエンス」
https://clicccar.com/2017/05/04/469252/

ここはディーラー?それともオートサロン?個性あふれるブースが多数出展!
https://clicccar.com/2017/05/06/469525/

「見る」だけじゃない!「試乗」最大のクルママツリの魅力とは?【モーターファンフェスタ】(http://clicccar.com/2017/05/07/468626/)