連覇はならずも…果敢なプレーでギャラリーを盛り上げたレクシー・トンプソン(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 最終日◇7日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,670ヤード・パー72)>
昨年圧倒的な飛距離を武器に「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」を制したレクシー・トンプソン(米国)。連覇を目指して1打差2位からスタートしたが、4バーディ・1ボギー・1ダブルボギーとスコアを1つしか伸ばせず、トータル6アンダーの2位タイで終戦した。
レクシー、ハヌル、アン・シネがミニスカで躍動!最終日のLIVEフォトはこちら!
「結果にはがっかりしてるけど、2番でダブルボギーを打った後に持ち直せたのは評価したい」と振り返る今日のラウンド。「ウェッジショットが良くなかった」と苦しみながらもダボの後は4バーディを奪取。フェアウェイが狭い茨城ゴルフ倶楽部 西コースでも果敢に攻めてギャラリーを沸かせた。
「もし招待されたら、また戻って来たいですね」と笑顔を見せたレクシー。去年は優勝当日に帰国したが、今年は1日余裕を作った。「リラックスして日本食を食べたいです」と最後は22歳の顔に戻っていた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

純白ドレス姿も!レクシー・トンプソンの特選フォトギャラリー
レクシー・トンプソンが連日のサイン会「12歳から日課」
時差ボケ解消、天ぷらも食べたレクシーが1打差2位「リラックスできた」
日米の飛ばし屋に挟まれても…キム・ハヌルが自分貫き史上8人目メジャー連勝
話題のセクシー・クイーンは41位で終戦 次週のウェアは「洗濯してから考えます(笑)」