日本では「こどもの日」にあたる5日、東京の日中友好会館で、第3回「大使杯」中国語朗読コンテストが開催された。

写真拡大

日本では「こどもの日」にあたる5日、東京の日中友好会館で、第3回「大使杯」中国語朗読コンテストが開催された。駐日中国大使夫人で友好交流処参賛の汪婉氏、全日本華僑華人連合会の顔安会長らが出席し、日本全国各地の華僑・華人の子女が出場した。人民網が伝えた。

【その他の写真】

顔会長はあいさつの中で、「このコンテストはより多くの華僑・華人の子女がに優れた中国文化を受け継ぎ、発揚してもらい、民族の誇りと自信を強めてもらい、より多くの華僑・華人の子女に中国語を学ぶ楽しさを感じてもらい、彼らが実際に中国語を話し、中国語を使用するよう奨励することがねらいで、ひいては日本の中国語教育事業の発展を一層後押しすることを目指すものだ」と述べた。

汪氏はコンテスト後のコメントで、「このたびの朗読コンテストは、参加者の中国語レベルが高いだけでなく、内容が充実していた。コンテストは今回で3回目で、規模はますます大きくなり、知名度もますます高まり、内容やスタイルもますます豊富になり、レベルも向上を続けており、ここから中国語の重要性が増していることがわかり、また中国の影響力がどんどん強まっていることもわかる」と述べた。

コンテストは幼児の部、児童の部、オリジナルの部に分かれ、それぞれに大使賞と1〜3等賞が設けられた。(提供/人民網日本語版・編集KS)