携帯電話のかけすぎはアブナイ?

写真拡大

携帯電話が出す電磁波は人の健康に悪影響を与えるのかどうか――。研究者たちの議論が続いているが、2017年4月11日にイタリアの裁判所が携帯電話の使用が原因で良性の脳腫瘍ができたとする男性労働者の主張を認め、国の労災保険機関に賠償を命じた。4月23日付AFP通信など多くの海外メディアが報道した。

2016年5月には米保健福祉省が「ラット(ネズミ)の実験で、携帯電話の電磁波を当て続けると、一部のラットに腫瘍が発生した」という衝撃の研究結果を発表したばかりだ。携帯電話は脳によくないのだろうか。

15年間毎日4時間使って良性の脳腫瘍に

イタリア・ジェノバの地方紙「IL Secolo XIX」電子版の4月22日付記事などによると、判決があったのはイタリア北部のイブレア裁判所。訴えを起こしたのはテレコム・イタリアに勤めるロベルト・ロメオさん(57)。15年間にわたり仕事で毎日約4時間以上、携帯電話を使うことを余儀なくされた。このような作業を続けるうちに右耳が常に詰まったような感覚に悩まされ、2010年に脳腫瘍と診断された。幸い、良性の腫瘍だったが、治療のために聴覚神経を切除し、何も聞こえない状態になったという。

実はイタリアでは2012年10月に、最高裁が同様の事案で携帯電話を仕事で長時間使用していた男性に対し、「携帯電話が脳腫瘍の発症につながった」と判断、労災を認定した判決を出している。このため、ロメオさんの代理人ステファン・ベルトーネ弁護士は「イタリアの裁判所は、科学的根拠に基づき携帯電話によって生成された電磁界に発がん作用があると認識している」と主張。ルカ・ファダ裁判官は、損害賠償として毎月500ユーロ(約5万9000円)を支払うよう国民労災保険協会(INAIL)に命じた。

ただし、ロメオさんは法廷で「私は携帯電話を悪者にする気はありません。長時間の使用はリスクを伴うことを人々に認識してほしいのです」と語っている。

ネズミに電磁波を当て続けると、脳と心臓に腫瘍が

一方、2016年5月27日、米保健福祉省がラットの実験で、携帯電話の電磁波を当て続けると腫瘍が発生したという研究報告を発表した。発表では、まだ研究の途中段階であり、腫瘍発生率もごくわずかだとしながら、「この結果には大きな意味合いが含まれているため、最終報告を待たずに発表した」と指摘したものだから、ロイター通信や米ウォール・ストリート・ジャーナル紙など多くの海外メディアが一斉に報道した。

発表によると、同省の専門組織「国家毒性プログラム」(NTP)は、10年以上前から携帯電話の健康面に与える影響を調査し、次の結果が得られた。

(1)数百匹のラットを携帯の電磁波を当てるグループと、当てないグループの2つに分けた。一方のグループに、最も一般的に使われている携帯の電磁波を1日9時間、2年間にわたって照射した。

(2)すると、電磁波を当てたグループに2〜3%の割合で脳腫瘍が、2〜7%の割合で心臓の腫瘍が発症した。電磁波を当てなかったグループでは、腫瘍の発症例はゼロだった。

(3)理由は不明だが、電磁波を当てたグループは、当てなかったグループよりも長生きをした。

この結果について、研究リーダーのジョン・バッチャー博士は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の取材に「電磁波を浴びるとラットにわずかだが腫瘍が増える傾向は、過去の研究と一致する。携帯電話の技術は急速に進歩しており、その影響を理解するにはまだ多くの研究が必要だ。私たちは、その前に今回の暫定結果を多くの人々に知らせることが重要だと感じた」と語った。

世界保健機関のリスク評価は「コーヒー」「漬物」並み

携帯電話の電磁波ががんを発症するかどうかの研究は、発症リスクを高めるとするものと、否定するものとが多くがあり、議論はすれ違いだ。2011年に世界保健機関(WHO)の専門組織「国際がん研究機関(IARC)」が、携帯電話の電磁波のがんリスク評価を発表した。それによると、5段階の評価のうち真ん中の「グループ2B」(ヒトに対する発がん性があるかもしれないが、限定的)だった。同じグループには、「ガソリンエンジン排気ガス」「コーヒー酸(カフェイン)」「漬物(アジア式)」「睡眠薬フェノバビタール」「ドライクリーニング作業に従事」「印刷作業に従事」などが含まれる。