彼ママへのプレゼントは決まってる?あざとくない母の日ギフト4選

写真拡大



今年の母の日は5月14日です。お母さんへのプレゼントは考えていますか?自分のお母さんはもちろんですが、忘れちゃいけないのが彼ママへのプレゼント!これって、けっこう選ぶのが難しかったりしますよね。今回は彼ママに喜ばれる母の日ギフトをご紹介します。

■1.今度わたしに料理を教えて下さい!キッチングッズ

「いつも家に遊びに来てくれるので一緒に夕ご飯を食べることもある息子の彼女から料理の勉強をしたいってかわいいキッチングッズをいただきました。いつもは買わないかわいらしい柄だったのでキッチンが華やかになりました」(52歳女性/主婦)

「彼女と結婚を前提に同棲しているので、結婚までに母の味を勉強したいと言って調理道具をプレゼントしていました。よくテレビで嫁・姑問題とかいうから結婚前からビビってたけど、仲良くなれるきっかけがあって良かったです(笑)」(28歳男性/小売)

自分では買わないけれど、もらったら嬉しいもののひとつですよね。おしゃれなキッチングッズを使って、楽しく彼ママの味を伝授してもらいましょう。

■2.彼ママのこともっと知りたいです!ママが好きなお花

「息子から私の好きなお花について聞いていたようで、息子と一緒に買ってきて下さりいました。最初はそんなに気を使わなくていいのになと思いましたが、お花は贈っていただくとやっぱり嬉しいですね。気が利く女性とお付き合いできて息子も幸せそうでした」(55歳女性/パート)

「母の日に彼女のお母さん用と僕の母親用とふたつ花を贈りました。今まで一回も母の日に贈り物をしたことがなかったのでもっと親孝行するべきだと気付かせてくれた彼女に感謝しています」(24歳男性/教育)

お花をもらって嫌な気分になる人っていないですよね。「ふたりからのプレゼント」としてカレに渡してもらうなど、贈り方も工夫しましょう。

■3.わたしのふるさとの味です!地元のお菓子

「あんまり高いお菓子をいただくと気を使っていただかなくてもいいのになぁ。と思いますが地元のちょっとしたお菓子だったら気兼ねなく家族でいただけます。(笑)その子の出身地の話にも発展するし仲良くなれそうな気がします」(50歳女性/主婦)

「彼女の地元が長崎なのでGWの帰省ついでにカステラを買ってきてくれました。母も含め家族全員カステラが大好きなので、あっという間に食べ終わりました(笑)」(27歳男性/金融)

彼ママにあげるとなると「デパ地下のお菓子」をイメージしがちですが、地元のお土産のほうが話題にもつながって一石二鳥かも。「安っぽく見えちゃうのでは…」と気になる人は、お店でのし紙をつけてもらうといいですよ。

■4.ぜひママとパパで使ってください!映画のペアチケット

「夫婦で映画に行くことなんてしばらくなかったので、映画のチケットはとても素敵なプレゼントでした。世代も違うので彼らのお手本になるかはわかりませんがこれからも夫婦で仲良く過ごしていきたいと思いました」(56歳女性/主婦)

「母の趣味もよくわからなかったけど、とりあえず父とは仲が良く週末に二人で出かけていると彼女に話したら映画のチケットをプレゼントすることになりました。両親も喜んでくれたのでよかった〜」(23歳男性/大学院生)

映画のチケットなら、あまり高価にならずに済みます。彼ママの好きな映画ジャンルがわからない…、という場合は作品を自由に選べるものをチョイスするといいですね。

■おわりに

母の日の贈り物に悩んでいる人も多いと思いますが、ぜひカレと一緒に選んでみてはいかがでしょうか?きっと彼ママも喜んでくれるはずですよ。(廣松叶子/ライター)

(ハウコレ編集部)