「カリフォルニケーション」撮影中のカットより -  デヴィッド・ドゥカヴニー
 - Philip Ramey / Corbis via Getty Images

写真拡大

 米テレビドラマ「カリフォルニケーション」でデヴィッド・ドゥカヴニー演じるハンク・ムーディの家に使われた家が、1,460万ドル(約16億600万円)で売れ、ベニス・ビーチにある不動産では最高額を記録したという。(1ドル110円計算)

 The Hollywood Reporter などによると、建物の広さは約465平方メートル。中央にあるプールの周りをいくつかの建物が取り囲み、インドアとアウトドアリビングが楽しめるようになっている。またアウトドアキッチン、シャワー、ルーフデッキとファイアピットも備えているそうだ。

 環境配慮型建物の事例ともなっている家はデザイナーで建築家のデヴィッド・ヘルツ氏が設計したもので、オーナーも彼だったという。今では「カリフォルニケーション」ファンの聖地巡礼地となっているが、2002年にクリス・クーパーがアカデミー賞助演男優賞を獲得した映画『アダプテーション』やテレビドラマ「CSI:マイアミ」でも使われたことがあるとのこと。

 ヘルツ氏は売るつもりはなかったらしいが、提示額がどんどん上がっていき、一緒に仕事をしたことがある人物だったため、手放すことに決めたという。今後は多少のリフォームがされるが、ヘルツ氏が関わることになっているそうだ。(澤田理沙)