休養が発表された三浦監督。10試合で勝点5の17位と低迷していた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 アルビレックス新潟は5月7日、公式リリースを通して三浦文丈監督の休養を発表した。後任として片渕浩一郎コーチが暫定で指揮を執り、U-15の内田潤コーチがトップチームのコーチに就任する。
 
 今季から新潟の監督に就任した三浦監督だったが、開幕10試合で1勝2分け7敗の17位と低迷。ここまでリーグワーストの19失点を喫しており、5日に行なわれたJ1第10節、川崎戦も0-3で敗れていた。
 
 後任を務める片渕コーチは、昨季も9月から12月まで暫定で指揮を執っており、2年連続の就任となる。