米ミシガン州でカメラマンとして活動をしているKitty Schaubさん。Schaub家には、保護施設から家族に迎えたばかりの黒猫がいた。

▼夫のDavidさんと5歳になる娘のAmelieちゃん

プロだからこその思い付き

3人の子を持つKittyさんは、子どもや新生児の撮影を頼まれることが多いそうだ。当然、撮影に使う小道具もたくさん所有している。

Huffington Postによると、そんな仕事道具を洗濯しようと思っていたKittyさんは、その前にSchaub家に新しい家族がやってきた記念写真を撮ることを、ふと思いついたそうだ。

そして撮られた写真がこちらだ。

Kitty Lee Photography/Facebook

Kitty Lee Photography/Facebook

Kitty Lee Photography/Facebook

これらの写真は4月25日にKitty Lee PhotographyのFacebook上で紹介されると、3日間で5万人がリアクションし、シェアされた回数も6万件を超える大反響となった。

“ルナ”と名付けられた子猫

この子猫を見てKittyさんが最初に思い浮かべた名前は、「魔女の宅急便」の“ジジ”だったという。

ただし、この名前はAmelieちゃんの心には響かなかったようで、「美少女戦士セーラームーン」から“ルナ”と名付けられることとなった。

Kittyさんは名前にちなんだ写真の撮影を計画しているそうだ。

チャリティーカレンダーを発売

あまりの人気に、KittyさんはルナちゃんのFacebookアカウント「Luna the Little Black Kitten」を立ち上げた。

▼5月5日に追加で公開された写真

Luna the Little Black Kitten/Facebook

Luna the Little Black Kitten/Facebook

また、ルナちゃんの2017年6月〜2018年5月までの12ヵ月カレンダーを期間限定で発売。

サイズは約21.6センチ×約28センチ。価格は20ドル(約2,255円)で、日本から注文しても送料は無料だ。

売り上げは全額、地元の動物保護団体Save-A-Strayに寄付されるという。