ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)【写真:Getty Images】

写真拡大

ガンブレットが優勝、東京初開催で20年東京五輪へ人気過熱

 東京で初開催となったスポーツクライミング・ワールドカップ(W杯)ボルダリング(第2日・エスフォルタアリーナ八王子)は7日、女子決勝が行われ、野口啓代が2位、野中生萌が3位で日本勢がダブル表彰台に上がり、地元の大歓声を受けた。ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)が優勝した。

 スポーツクライミングはボルダリングとともにスピードクライミング、リードクライミングの3種目で構成され、20年東京五輪に追加競技として初採用。W杯では東京初開催となった今回は初日に2000人のファンが詰めかけたといい、人気に高まりを見せている。

 4月30日のW杯(南京)スピードクライミング部門では「ペルシャのチーター」の異名を持つ23歳のレザ・アリポワ(イラン)が15メートルを5秒48で登る驚異の世界新記録を樹立し、カナダ「CBC」がビル5階相当に当たる15メートルの壁をわずか5秒で登り切る衝撃の新記録達成の瞬間を動画で公開。あたかもスパイダーマンのようなプレーが話題を呼び、注目を集めていた。

 20年の東京五輪へ、さらにクライミング熱は高まり、盛り上がりを見せそうだ。