たくましい筋肉を蓄えたいなら筋力トレーニング、健康的なダイエットならランニング、なんてことは常識。そして両方を実践している人も多いですが、どちらを先に行うべきか、その順番は頭に入っていますか?

目的によってやるべき順番は異なる

筋トレとランニングの行うべき順番は、筋肉成長とダイエットどちらを優先させるかで異なってきます。まず筋トレを先に行いランニングを後に行うことで効果的なダイエットが可能になります。そしてランニングを先に行い筋トレを後に行うことで効果的な筋肉の成長が望めます。つまり一概に正しい順番はなく、自分の目的によって両者の順番を切り替えてあげる必要があるのです。では何故筋トレが先であれば効果的なダイエットが可能になるのか、何故ランニングが先であれば効果的な筋肉の成長が望めるのかについて見ていきましょう。

先に筋トレを行うと効果的なダイエットが可能

わたしたちが筋トレを行う際、身体では成長ホルモンやアドレナリン、ノルアドレナリンといったホルモンが分泌されています。これらホルモンが分泌されることで身体の脂肪燃焼効率が上昇します。この脂肪が燃えやすい状態でランニングをすればより効果的なダイエットが可能になります。ただし、筋トレからのランニングという順番でワークアウトを行う際は、ランニング時にガス欠とならないようあまり筋トレに重きを置きすぎないよう注意しましょう。

先にランニングを行うと効果的に筋肉の成長が望める

先にランニングを行っておくことで血流が促進され身体が温まります。この身体が温まっているときこそわたしたちがベストなパフォーマンスを発揮できるタイミングとなります。筋トレはベストなパフォーマンスを発揮するほど効率よく筋肉に負荷をかけることができます。つまりは効果的な筋肉の成長が望める筋トレが可能になるわけです。ただウォーミングアップの域を超えた長時間・強負荷なランニングは筋トレ時にガス欠を起こす要因となってしまいますので注意が必要です。

どうせ運動を取り入れるなら、戦略的に行なうべき。目的意識をはっきりさせて効果を実感できる運動をしましょう。


writer:サプリ編集部