「iPhone8」は、5.8インチのフルスクリーンデザインになると噂されています。各種アプリを「iPhone8」で表示した場合のイメージが公開されました。

フルディスプレイの「iPhone8」での表示イメージ

今秋の発表が見込まれる「iPhone8」は、5.8インチの有機EL(OLED)ディスプレイが本体前面をカバーする、フルディスプレイデザインになると噂されています。
 
YouTubeチャンネルのDailyTekkが、「iPhone8」で各種アプリを表示した場合のイメージを公開しているので、ご紹介します。

表示領域の広さを活かしたインターフェイス

App Storeを表示したイメージがこちらです。表示領域が広くなったことで、おすすめのアプリをまとめてチェックできるようになっています。
 

 
ミュージックアプリは、現在のデザインから大きな変更はありませんが、アートワークが大きく表示され、操作メニューの領域が拡大しています。
 
なお、ミュージックアプリについては、Apple役員がiOS11で動画再生に関連したリニューアルがあると予告しています。
 

 
YouTubeの動画一覧も、サムネイルが大きく表示され、動画の選択が簡単になっています。
 

 
本体を横にすると、フルスクリーンディスプレイのメリットが感じられます。
 

一枚の紙を見ているような記事表示

後で読みたい記事を保存できる人気アプリ、Pocketの表示イメージがこちらです。一枚の紙のように、画面いっぱいに記事が表示されています。
 

 
Instagramは、写真が大きく表示され、投稿にインパクトが感じられます。
 

 
美しい写真をフルディスプレイで表示すると、その美しさが際立ちます。
 

フルディスプレイ「iPhone8」、出荷遅れの噂も

「iPhone8」では、ホームボタンがなくなり、OLEDディスプレイ内に指紋認証用のTouch IDセンサーが埋め込まれる、と予測されています。
 
しかし、センサーの埋め込みに関する技術的問題のため出荷が遅れるのではないか、との噂があるほか、ディスプレイへの埋め込みをあきらめてTouch IDセンサーを背面に設置するのではないか、との予測もあります。
 
DailyTekkの動画はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:YouTube via Cult of Mac
(hato)