いちご大福 1個200円|なめらかな白あんの甘さと、フレッシュなイチゴの酸味がクセになる。|桃太郎

写真拡大

鎌倉のおいしいスイーツを地元目線でセレクト。昔から愛される老舗もあれば、ここ数年で生まれた新しいお店もあります。ぴあMOOK「鎌倉さんぽ旅」で紹介されている、激戦区の鎌倉で評価を得ている7店の味をご紹介。ぜひ食べ比べてみて。

【その他オススメ商品もあり!商品画像をすべて見る】あなたのお気に入りはどれ?

鎌倉駅東口 arbrenoir YAKUMI「鎌倉焼」

■一口サイズでかわいらしい古都・鎌倉の新名物

若宮大路に店舗を構え、和風の薬味を扱う専門店。おしゃれな瓶に入った山椒や柚子胡椒は、贈り物にも最適。宇治抹茶を練り込んだ生地に、黒胡麻餡を包んだ「鎌倉焼」も名物で、店頭で焼きたてを購入可。

鎌倉市雪ノ下1-8-39
0467(53)8210
10:00〜18:00
無休
JR鎌倉駅より徒歩約7分
駐車場 なし

北鎌倉 松花堂「あがり羊羹」

■口のなかでとろける生菓子タイプの羊羹

江戸時代、尾張徳川家に茶道羊羹として献上された「あがり羊羹」を伝承する老舗の和菓子屋。ぷるんとした弾力と、口どけの良さが魅力で、昔から地元の人に愛されてきた。文豪の川端康成も好んで食べたそう。

鎌倉市山ノ内1340
0467(22)6756
9:00〜17:00 ※売り切れ次第終了
定休日 月曜
JR北鎌倉駅より徒歩約1分
駐車場 なし

由比ガ浜 桃太郎「いちご大福」

■由比ガ浜大通りに佇む地元の人ご用達の老舗

元は茶屋だったという建物で親子二代で営む和菓子店。地元の常連客のお目当ては、大粒の果実が丸ごと1個入った「いちご大福」。イチゴがおいしい12〜5月限定で、この時期を楽しみにしているファンも多いそう。

鎌倉市由比ガ浜1-12-2
0467(22)1522 9:00〜18:00
定休日 水曜(祝日の場合は営業)
江ノ電和田塚駅より徒歩約3分
駐車場 なし

長谷 鎌倉いとこ「きんつば 六色セット」

■鎌倉生まれの上品でおしゃれなきんつば

練りあげられたかぼちゃ餡に、しっとりと炊かれた小豆をくるみ、薄衣をまとわせ焼き上げた「かぼちゃきんつば」が名物。ほかにも「抹茶きんつば」「安納芋きんつば」など様々な種類があり、1個ずつ購入できる。

鎌倉市長谷3-10-22
0467(24)6382
10:30〜17:30 ※売り切れ次第終了
不定休
江ノ電長谷駅より徒歩約3分
駐車場 なし

鎌倉駅東口 豊島屋洋菓子舗 置石「モンブラン(和栗)」

■あの豊島屋が手がける見目麗しい絶品洋菓子

鳩サブレーでおなじみの豊島屋が、2015年に立ち上げた話題の洋菓子店。パティシエが作る季節替わりのケーキやエクレアなどが勢揃い。店頭で購入できる豊島屋ならではのソフトクリームも食べてみて。

鎌倉市小町2-15-5
0467(22)8102
10:30〜18:30
定休日 水曜(祝日の場合は営業し翌日休)
29席
JR鎌倉駅より徒歩約3分
駐車場 なし

鎌倉駅東口 イル・ド・ショコラ 鎌倉店「お魚・貝チョコ」

■原料へのこだわりと遊び心が人気の秘訣

チョコをメインに焼き菓子やケーキを販売。イタリアから原料を直輸入して作る風味豊かなチョコのほか、フランスの特級バターを使った生シェルパイも人気。海をモチーフにしたかわいいスイーツが多い。

鎌倉市小町1-3-7
0467(60)4885
10:00〜18:00
無休
JR鎌倉駅より徒歩約3分
駐車場 なし

長谷 力餅家「権五郎力餅」

■300年以上愛される永遠の鎌倉銘菓

元禄年間(1688〜1704)に創業。昔ながらの製法で作られる「力餅」は、地元では贈答品の定番だが、保存料を使っていないため日持ちは当日限り。御霊神社の面掛行列にちなんだ「福面まん頭」も人気。

鎌倉市坂ノ下18-18
0467(22)0513
9:00〜18:00
定休日 水曜、第3火曜
江ノ電長谷駅より徒歩約4分
駐車場 なし