うぉ、まぶし!

世の中には、その存在意義を疑ってしまうような発明がありますな。トランプ米大統領のツイートをわざわざ印刷して燃やすロボットとか、M&M'sを色ごとに分けるマシーンとかね。そして、このたびMichael Reevesより、YouTubeに「目を追尾してレーザーを浴びせかけてくる装置」の動画が投稿されました。



DIY感がビンビンに伝わってくるダンボール製の筐体には、どこかで見たことのあるWebカメラとレーザーの照射装置、それに制御用のサーボを搭載。そしてこのマシーンはPCに接続されています。

PCでプログラムを動作させると…「Oh, Shit!」、早速レーザーが発明者の目を直撃です。顔認識ソフトウェアによって動作するこの装置の精度はそれほど高くありませんが、きちんと目を追尾できていることがわかります。

まぁ、それだけなんですけどね…でも無意味なものの中からこそ、有意義なものが生まれると思うのです。ええ。


・自分だけのミニスーファミを作る方法
・届いたその日の夕方には完成できるDIYミニシンセキット「Macchiato」


image: Michael Reeves / YouTube
source: Michael Reeves / YouTube

(塚本直樹)