クリスティーナ・アギレラ Photo by Jeffrey Mayer/WireImage

写真拡大

 ユアン・マクレガー、レア・セドゥーが主演する新作SF「Zoe(原題)」に、クリスティーナ・アギレラが出演することがわかった。米Deadlineによれば、テオ・ジェームズ、ラシダ・ジョーンズ、ミランダ・オットーもキャストに加わっている。

 「今日、キミに会えたら」のドレイク・ドレマスが監督、リドリー・スコットが製作総指揮を務める本作は、ラボに勤めるふたりの研究員(マクレガー&セドゥー)を描くSFラブストーリー。ふたりが完璧な恋愛関係を作り出す画期的テクノロジーの開発を進めるうち、この研究が自分たちの関係にも思いがけない影響をもたらす。

 脚本は、視聴者の意見を物語に反映するインタラクティブな仕掛けが好評を博した、ドレマス監督のミニシリーズ「The Beauty Inside(原題)」を手がけたリッチ・グリーンバーグが執筆した。なお、アギレラやほかのキャストが演じる役柄は明らかになっていない。

 「Zoe(原題)」は、カナダ・モントリオールで5月8日からクランクインする。