「『東京裁判――世界平和のために』出版記念式ならびに座談会」(主催:上海交通大学、上海市社会科学界連合会)が2日、上海で行われた。

写真拡大

「『東京裁判――世界平和のために』出版記念式ならびに座談会」(主催:上海交通大学、上海市社会科学界連合会)が2日、上海で行われた。同書は歴史的な出来事である東京裁判の完全な姿を描き出している。

東京裁判は第2次世界大戦後に行われたアジア各国の全ての裁判において、日本による戦争の罪を裁いた最も主要な裁判だ。

「日本は長年、東京裁判を代表とする戦後裁判の否定に全力を尽くしてきた。したがって東京裁判の成果の維持は一刻の猶予もならない。中国は日本による侵略の最大の被害国であり、正義の声を上げるべきだし、そうしなければならない」と、作者で上海交通大学東京裁判研究センター長の程兆奇教授は指摘した。

同書は全面的かつ客観的な法理上の根拠及び国際的視点によって、東京裁判という世界的な裁判について、法廷の設置、管轄権をめぐる争いから、犯罪行為の審理、判決・量刑にまでいたる各国の駆引きを明らかにしている。また、中国初公開のものを含む、米国立公文書館、日本国立公文書館など重要機関所蔵の貴重な文献及び写真を多数用いている。

東京裁判の中国側検察官・向哲濬氏の子で東京裁判研究センター名誉センター長の向隆万教授は「数多くの青少年を始めとする一般市民向けの、東京裁判に関する普及教材・読み物は現在まれであり、本書の出版には国民教育という現実的意義がある」と語った。(提供/人民網日本語版・編集NA)