シンプルを追求せよ!? 男ウケの“いい”&“わるい”アクセサリー図鑑

写真拡大

アクセサリーは女性の魅力を引き立てる大切なアイテムです。
しかし、アクセサリーの選び方次第では、男性からの印象が悪くなってしまうこともあるようです。

そこで今回は、アクセサリー別に男ウケがいいものと悪いもの、それぞれについてまとめました。

●ヘアアクセ

●男ウケがいいもの:シュシュ

『アイドルの歌にもあるように、ポニーテールとシュシュはやっぱりかわいい。ちょっと垢ぬけない感じとかも親しみやすい』(25歳/事務)

女性にとって楽で便利で、なおかつ男ウケもいいのがシュシュ。
ワンポイントでシュシュをつけると、かわいらしさとオシャレ感が出るため、ドキっとしてしまう男性もいるのだとか。

また、シュシュのラフな感じが好きな男性も意外と多いようです。

●男ウケが悪いもの:大きめのリボン

『若い子ならまだしも、いい歳をした大人がつけてるときびしい。似合うのは20代前半までだとおもう』(36歳/製造販売)

大きめのリボンはかわいらしさというより子供っぽく見えてしまうため、男ウケがよくないようです。
リボンをつけたい時は派手さのない小さめのもの選ぶようにした方がいいかもしれません。

●ピアス

●男ウケがいいもの:揺れるタイプのピアス

『細いチェーンみたいなので揺れるタイプのやつはなんとなくちょっと気になる。あまり大きすぎない小さいモチーフなのが華奢でかわいい』(29歳/自営業)

人間は動物と同じように動くものを目で追う習性があります。
揺れるタイプのピアスをしていると、自然と顔に目がいく回数も増えるため印象もよくなるようです。

男性にアピールしたい時は揺れるピアスをしておくといいかもしれません。

●男ウケが悪いもの:左右が別々のピアス

『左右でバラバラのデザインのやつ。お洒落すぎるのか、自分にはあんま理解できない……』(23歳/フリーター)

左右バラバラのピアスをつけていると、男性から「だらしない」「適当そう」と思われてしまいます。
ピアスは小さくて失くしやすいものですが、捨てるのがもったいないからといって左右別々のものをつけるのはやめた方がいいようです。

●ネックレス

●男ウケがいいもの:主張が少ないネックレス

『小ぶりのデザインのもの。できるオンナ感が増すし、なんとなく色っぽい』(30歳/営業)

男ウケがいいネックレスは主張が少ないものです。
例えば名前のイニシャルやハートなど、誰でもつけていそうなものの方が男性からの印象はよくなります。
また、シルバーやプラチナのものにすると、清楚感が加わってさらに男ウケがよくなるようです。

●男ウケが悪いもの:ダイヤや宝石がたくさんついたネックレス

『ジャラジャラした派手なやつ。ブランドロゴとかがデカデカとアピールされてたりすると、ちょっとひいてしまう』(33歳/運送)

ダイヤや宝石などがたくさんついたネックレスをしていると「お金がかかりそう」「派手すぎる」と思われてしまうため、男ウケが悪くなります。
少しでも印象に残るようにと派手なネックレスをしていると、逆効果になる可能性が高いので目立つネックレスは控えた方がいいかもしれません。

●ブレスレット

●男ウケがいいもの:シンプルなブレスレット

『シンプルなデザインのブレスレットって、女性の手首がきれいに見えるとおもう。あんまりブレスレットを付けてる人をみないからこそ、細かいところまで気を使ってて好感度も上がる』(29歳/営業)

細いチェーンのブレスレットなど、シンプルなデザインのブレスレットは男ウケがいいようです。
手首を華奢に見せる効果があり、女性らしさを際立たせることができます。

また、シンプルなブレスレットをしていると、思わず触れたくなるという男性も多いようです。