今度は不正行為?「プロデュース101」でまたも問題発生…出演者が謝罪

写真拡大

「プロデュース101」シーズン2の出演者であるカン・ダニエルが、不正行為の議論に謝罪した。5月6日、ネット上にはカン・ダニエルが一緒に出演している他の練習生たちに被害を与えかねない不正行為を行ったと言う疑惑が提起され、これに対して「ちゃんと考えてから行動します」と頭を下げた。

カン・ダニエルは最近、自身のSNSの紹介文に「ちゃんと考えてから行動します。申し訳ありません」と言う書き込みを掲載し、その後アカウントを非公開に変更した。これまでSNSを通じてファンたちと積極的にコミュニケーションを取ってきたが、議論を受け、そのように決定せざるを得なかったものとみられる。

議論の内容は次の通りだ。これに先立ってMnet「プロデュース101」側は、コンセプトマッチング投票を行った。練習生に最も似合うコンセプトを国民プロデューサー(視聴者) たちの投票に任せたのだ。5曲のプレビューを公開し、これに似合いそうな練習生をマッチングする企画だ。

カン・ダニエルは、ファンたちとコミュニケーションする過程で、自分が歌いたい曲を暗示するようなメッセージを自分のプロフィールに残し、自分の思い通りに投票を誘導したと疑われた。もし自分が歌いたい曲をファンたちが選んでくれたら、自分が自ら曲を選ぶのと変わりないため、公平性に問題があり得ると指摘が続いた。

このような疑惑が激しくなると、その書き込みを謝罪のメッセージに変えたものとみられる。その一方で、ファンたちと積極的に疎通する過程で生じた単なるハプニングだと解釈する人も少なくない。

最近韓国で放送された「プロデュース101」シーズン2では、40人の練習生が脱落した。

「プロデュース101」シーズン2の採点議論に対しMnetがコメントを発表…“公正な競争になるよう努力する”(全文)

「プロデュース101」シーズン2、練習生の登場シーンに偏り?議論について制作陣がコメント

非難殺到の事態に…「プロデュース101」練習生の自己紹介でまたも騒動