TOKIOの松岡昌宏と博多大吉が美女と酒場で本音トークを繰り広げる「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」

写真拡大

5月6日(土)放送の「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」で、TOKIOの松岡昌宏、博多大吉、Every Little Thing・持田香織が、東京・北区赤羽の人気店「川栄」へお邪魔。名物・鰻やほろほろ鳥の刺身をつまみに、生ビールを頂くことに。

【写真を見る】持田香織は夫との結婚生活について「私の方が(彼のことを)好きだから、楽しいです!」とコメント/撮影=田中聖太郎

“鰻の一度漬け”をわさび醤油で食べた持田は「うぉ〜ん、おいしい!」と唸りながら感動。松岡が「もう、おばちゃんじゃん!(笑)」といじって遊ぶ一幕も。

松岡がデビューのきっかけを聞くと、持田は「最初は地味なアイドルをやってたんで…。“黒BUTAオールスターズ”っていう…」と告白。すると松岡は、俄然前のめりになって、「えっ? “ヤンマガ(ヤングマガジン)”の(マスコットガール)? もしかして、若いのに色っぽく歌うたう三宅亜依と一緒?」と三宅のものまねを披露。さらに、昔のアイドルはみんな色っぽかったと語り、「“桜っ子クラブ(さくら組)”もそうだぜ!」と、当時メンバーだった井上晴美の振り付けを派手にものまね。持田と大吉が大爆笑する中、セクシーアイドルフェチぶりを見せた。

一行は、三軒目となるパブ「スターレディー」へ。ウーロンハイとママ手作りの惣菜を頂きながら、今度は、9歳年下の夫と結婚した持田の新婚生活に迫ることに。松岡が「どこで出会ったんですか?」と聞くと、持田は「(夫が)通っていたジムで働いてたんです。私の担当ではなかったんですけど、(一目惚れで)私が“わぁ〜”となって…。自分から“一緒にご飯行きたい!”って言いました」と告白。さらに松岡が「付き合ってどれくらいで結婚したんですか?」とツッこむと、持田は「1年くらいですかね。たぶん私の方が(彼のことを)好きだから、楽しいです!」とコメント。松岡が「俺も言われてぇなぁ〜」とニヤける場面があった。

次回は5月13日(土)夜0.50より放送。松岡と大吉が、王子でぶらり飲みを展開する。