沈黙の臓器と呼ばれる肝臓と同様、腎臓もトラブルがあっても、悪化しなければ自覚症状が起こらないと言われています。だからこそわたしたちは日頃から肝臓・腎臓を守る生活習慣・食生活を心がける必要があります。肝臓と腎臓はデトックスの臓器で、常に私たちの体を健康に保つために頑張ってくれているのです。ここでは特に腎臓にフォーカスし、腎臓を守る生活習慣をご紹介しましょう。

腎臓の主な機能

腎臓は主に、血液を濾過し塩分や老廃物を体外へ排出させる働き、身体のイオンバランスや血圧を調整する働きなどを担っている臓器です。簡単に言えば身体に必要なものと不要なものを分類し、水分と塩分のバランスを整えてくれるということです。腎臓機能が低下するとこれらの働きが上手く機能しなくなるので、身体に老廃物が蓄積していき、疲労感やむくみ、高血圧などの疾患を発症することとなってしまいます。そして腎臓の機能低下は、乱れた生活習慣や食生活によってもたらされるのです。

腎臓を守る生活習慣

腎臓を機能低下から守るには適切な生活習慣を心がける必要があります。具体的には積極的に水分を補給する、適度に身体を動かす、十分な睡眠・休養をとることなど。こうすることで腎臓への負担を減らし腎機能の回復を早めることができるのです。特に慢性な睡眠不足を抱えている方は要注意。一日中腎臓は働いているのに睡眠という唯一の休息の機会を失えば、腎臓は疲れきってしまいます。

腎臓を守る食生活

腎臓を機能低下から守るには生活習慣だけでなく適切な食生活を心がけることも重要です。具体的には食べ過ぎないことはもちろんのこと、過剰なたんぱく質は控えること、過剰な塩分は避けること、過剰なサプリメント・お薬を飲まないこと、過剰なアルコールは摂取しないこと、などなどです。つまり生活習慣と同様、適切な食生活を心がけていれば腎臓の働きを守ることができるというわけです。ちなみに腎臓は一度ダメになると再生できない、取り返しのつかない部位です。そんな事態とならないためにもわたしたちは、日々の適切な生活習慣・食生活を心がけ大切な腎臓を守ってあげるべきなのです。


writer:サプリ編集部