完結編はTVアニメのその後を描く (C)夜宵草/comico/リライフ研究所

写真拡大

 テレビアニメ「ReLIFE」の完結編の製作が決まり、ブルーレイ&DVDとして2018年3月に発売されることがわかった。

 2016年7月に放送された「ReLIFE」は、夜宵草氏の人気漫画のテレビアニメ化で、社会復帰プログラム「リライフ」の参加者に選ばれた27歳・無職の海崎新太が、謎の秘薬で若返り1年間限定で高校に通う物語。全4話の完結編はテレビシリーズのその後を描く物語で、海崎の「リライフ実験」が終わるまでがつづられる。

 主要キャラクターが登場するPVと場面写真も完成。公式サイト(www.relife-anime.com)で公開中のPVは、海崎がクラスメイトの日代千鶴とともに花火を見る場面からスタート。海崎は「大人になった時、この1年は特別だったんだって、また思い返すような気がするよ」と“2度目の青春”に思いを馳せ、「日代さんは本当の俺のことを知ったらどう思うんだろう」と悩む。終盤には、海崎が教室で眠る日代に思いを告げる。青春のきらめきや、切なくも甘酸っぱい恋模様を切り取っている。