強烈な砂嵐が中国を襲っている。4日、北方の各地はこの砂嵐に「陥落」し、一部の地方では砂嵐の影響で視程がかなり低下している。4日の夕方時点で、中央気象台は砂塵青色警報を引き続き発令している。

写真拡大

強烈な砂嵐が中国を襲っている。4日、北方の各地はこの砂嵐に「陥落」し、一部の地方では砂嵐の影響で視程がかなり低下している。4日の夕方時点で、中央気象台は砂塵青色警報を引き続き発令している。新華社が伝えた。

気象モニタリングデータによると、今月3日に始まった今回の砂嵐は、範囲が非常に広いことが特徴で、新疆、甘粛、寧夏、陝西、内蒙古、山西、河北、北京、天津、遼寧、吉林、黒龍江の10数省(自治区・直轄市)の総面積163万平方キロメートルに影響が及んでいる。また、砂嵐が極めて強大で、大気環境測定器が測定不能に陥っている地域も多い。たとえば、内蒙古(モンゴル)自治区の一部地域では、PM10の最大濃度が1立方メートルあたり2000マイクログラムを上回り、北京市内でも1000マイクログラムを上回った地域がある。内蒙古および西北地区東部、華北北部、東北地区の多くの地域では、風速8.0〜17.1メートルの風が吹き、風速17.2〜24.4メートルの突風も観測された。

この強烈な砂嵐は、一体どこからやって来たのだろう?この天気はいつ頃終わるのだろうか?中央気象台環境気象センターの張碧輝・シニアエンジニアは、今回の砂嵐について、次の通り分析した。

「今回の砂嵐は、2つの寒気団が続々と到来し、地面の旋風と大風がもたらすことが主な原因で発生した。また、内蒙古地区の砂源地あたりで高温の天気と少雨が続いていた。このような条件が複合的に作用して、今回の強烈な砂嵐が生まれた。

モンゴルから中国内蒙古地区にかけての一帯で大風天気が発生し、砂埃はモンゴルから中国に運ばれて来る。また、中国の砂源地からも砂埃が加わっている。

中国は、数年前から、さまざまな防風防砂事業に取り組んできた。たとえば、東北・西北・華北における生態保安林の保護政策により、砂源地での砂埃の発生状況がやや改善され、砂嵐が起きにくくなった。防護林の主な働きは、砂源地における砂埃発生のメカニズムを変えることだが、風に対する作用は、ごく局所的なものに過ぎない。今回北京に被害をもたらした砂嵐は、基本的に上空5000メートルの高さで運ばれてきたものだ。このような状況下では、防護林は風場に対してほとんど影響をもたらすことはない。

現在の気象条件から見ると、北京の砂塵に覆われた天気は、5日の夕方までにほぼ終息すると予想される」(提供/人民網日本語版・編集KM)