「iPhone8」の新たな3Dレンダリング画像が公開されました。これまでの情報を元にまとめられており、指紋センサーは本体背面ではなく、ディスプレイに内蔵されることが想定されています。

縦に並んだデュアルカメラ、指紋センサーはディスプレイ内蔵

「iPhone8」に関する噂をベースにした3Dレンダリング画像を中国のSNS、Weiboに公開したのは、これまでもiPhone関連のリーク画像を数多く公開している「KK低調」氏です。
 

 
画像では、本体前面はフルフラットで、ホームボタンがありません。また、本体背面には、デュアルカメラが縦に配置されており、背面に設置されるとの予測もあるTouch IDセンサーはありません。
 

 
「iPhone8」は、2枚のガラス板で金属製フレームを挟み込んだデザインになる、と噂されていますが、画像では、金属フレームはiPhone7と同様に丸みのある形状となっています。

 

「iPhone8」への期待が現行モデルの販売にも影響

初代iPhoneから10周年の記念モデルと噂される「iPhone8」はユーザーの期待を集めており、9月と見込まれる発表よりもかなり早い段階から、各メディアで数多くの予測やリーク情報が報じられています。
 
その期待の大きさは、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が、iPhoneの販売が伸び悩んでいる原因と指摘したほどです。
 
「iPhone8」は、9月に「iPhone7s」「iPhone7s Plus」と同時に発表されるものの、出荷は年末近くまでずれ込むのではないか、と予測されています。

 
 
Source:Weibo via BGR
(hato)