中米グアテマラのサカテペケス県アロテナンゴから見た、噴火するフエゴ山(2017年5月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中米グアテマラの災害対策当局は6日、噴火した火山フエゴ(Fuego)山の活動が通常の範囲内に戻ったと明らかにした。同山の噴火を受けて、付近の住民300人以上が5日に避難していた。

「火の山」と呼ばれるフエゴ山は、同国首都グアテマラ市(Guatemala City)から約35キロの距離に位置する。当局は現在も同山の活動を厳重に監視している。

 5日の噴火により当局は標高3763メートルの同山麓に位置するパニマチェ(Panimache)村の住民300人を避難させていた。また火山灰が降ったため同国南部エスクイントラ(Escuintla)県にある学校10校が休校した。

 しかし、災害対策当局のダビド・デ・レオン(David de Leon)氏は報道陣に対し、6日のフエゴ山の活動は通常の範囲内に戻っていると述べた。レオン氏によるとすでに数十人が自宅に戻っており、建物の被害などは報告されていないという。

 2012年9月に発生した同山の噴火では約1万人が避難し、2015年2月の噴火ではグアテマラ市の主要空港が閉鎖されていた。
【翻訳編集】AFPBB News