鹿島の鈴木がツイッター開設! 同僚も「スーパースターが始めた」…1時間でフォロワー5000人強

写真拡大

鈴木と同じ96年生まれの同僚MF三竿健が反応 「みんなフォローしてあげて」

 鹿島アントラーズFW鈴木優磨が6日夜に自身の公式ツイッターを開設し、それから1時間あまりで5000人以上のフォロワーを得るなど注目を集めている。

 鈴木は鹿島ジュニアユースからの生え抜きストライカーで、昨季リーグ戦で8ゴールを決めてチームのJリーグ年間優勝に貢献。昨年12月のFIFAクラブワールドカップ準決勝アトレティコ・ナシオナル戦(3-0)ではゴールを決めた後、尊敬するクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)のゴールパフォーマンスを完全コピーして脚光を浴び、現在はブンデスリーガ移籍の噂も浮上している。

 今季リーグ戦10節を終えて9試合出場2得点で、先発は3試合と昨季同様にスーパーサブの役割を担っている。AFCチャンピオンズリーグでも5節を終えて5試合出場(うち先発3試合)2得点と一定の結果を残しているなか、鈴木がツイッターを開設し、最初のメッセージをツイートした。

「ツイッター始めましたー!! 皆さんフォロー待ってまーす♡」

 これにすぐさま反応したのが、鹿島のチームメートで鈴木と同じ96年生まれの21歳MF三竿健斗だった。鈴木がサングラスをかけた写真を公開し、ファンやサポーターに次のように呼びかけている。

「載っけろって言われたのでしゃーなし」

「スーパースター鈴木優磨がTwitter始めたみたいなんで、みんなフォローしてあげてください。載っけろって言われたのでしゃーなし」

「しゃーなし」と三竿健は冗談っぽく言いつつも、鈴木のツイッター開設を広める手助けをしていた。

 鈴木の初回ツイート返信欄は、開設を待ち望んでいたファンの声で溢れ、今後の活躍を期待するメッセージが並んだ。同僚から「スーパースター」と呼ばれる鈴木が、これからどのようなツイートをするのか注目を集めそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

鈴木と三竿のツイート