サガン鳥栖豊田陽平(32)は、第9節の鹿島アントラーズ戦で今季4得点目を決めている。得点ランキングは4位に浮上。FWとしての仕事は果たしている。

「自分が得点を取っても、チームが勝たないと意味がない」

 豊田が言うように、鳥栖は1-2で逆転負けしている。彼にとって、チームの勝利に代えられるものはない。それがエースとしての矜持(きょうじ)だろう。


今季から腕にキャプテンマークを巻く豊田陽平(サガン鳥栖) 2017シーズン、豊田は鳥栖の新主将を引き受けている。チームのために、彼なりに考えた上での決断だった。

「もし面と向かって頼まれていたら、断っていたと思います」

 豊田は胸中を打ち明けたが、その経緯と決意に男の肖像が見えるのだ。

 豊田はサッカーキャリアにおいて、ほとんど一度もキャプテンになったことはない。小学校低学年のとき、「キャプテンのような立場にいたような気がする」という程度。中学も高校も、そしてプロに入っても、キャプテンとは縁遠かった。

「ストライカーとしてゴールを取ることに専念したいのはありましたね。キャプテンは、もう少し後ろのポジションの選手がやるべきかな、と思っていました。なにより、ピッチでみんなを鼓舞する、というキャラじゃないですから」

 そう言う豊田は、自身の性格にキャプテンの適性を感じていなかった。

「でも、今回(のキャプテン指名)は拒否権がなかったんですよ」と、苦笑いを浮かべる。

 プレシーズンマッチで、ゲームキャプテンを任されることが多かった。「自分じゃなくてもいいのに」と、渋々ながら(キャプテンだったキム・ミヌが退団したこともあって)、暫定的に引き受けた。チームイベントで、選手代表として話す機会も多くなった。その流れか、新体制のイベントを前に「発表がある」と関係者にほのめかされ、もしや、と予想した。そして壇上で、新キャプテンとして任命されることになった。

 つまり、正式な打診は一度も受けていない。

「昔からの自分を知る人には、『キャプテン、大丈夫?』と心配されましたね。自分はマイペースなので」

 もっとも、豊田は主将に任命された瞬間、前向きに気持ちを切り替えたと言う。

「(キム)ミヌが責任感の強い選手で、やらなきゃいけない、と追い込まれるのを見ていました。とにかく、自分は抱え込まないようにと。無理に鼓舞するようなことはせず、肩肘を張らない。(士気を高める部分は)副キャプテンにも頼ろうと。サポートしてくれる仲間はいる、と割り切ることにしました。ピッチの中のことは試合前のコイントスをするくらい。試合が始まってしまえば、いつものように犠牲精神で戦うだけですよ」

 そう語る豊田は、キャプテンとしての大志も抱いている。

「自分はキャプテンとして、ピッチ外の役割を果たせると思ったんです。鳥栖に長く在籍した選手として、このクラブの選手はどうあるべきか、を伝えたい。鳥栖の選手は真面目。規律を守って、最後まで諦めず戦う。食事会では、みんなで手を合わせて『いただきます』と声を合わせる。それはアマチュアっぽいかもしれないけど、そうやって築かれてきた礎(いしずえ)があってこそ自分たちは戦える、という歴史を伝えていきたい」

 豊田は今年になって、地元の子供たちと積極的に交流する動きを始めている。自分が体験してきたことを子供たちに還元する。それがサッカーの力になっていくはずだと。

 彼が巻く腕章には、その願いが縫い込まれている。

「鳥栖のキャプテンマークは、上腕の締め付けが少しきついんです。いつも圧迫されているみたい。だから、自分で締め付けを調整できるタイプのものに変えてもらおうと思っています」

 開幕前にそう語っていたが、それはキャプテンの重みだったのか。

 もっとも、豊田の戦いそのものは変わっていない。腕章を巻こうが巻くまいが、彼はチームのために戦う。その献身性は、前日本代表監督のハビエル・アギーレも高く買っていた。

「幼い頃、母親に『自分のことだけじゃなくて、人のことを考えて生きなさい』と諭(さと)されてきたことは関係しているかもしれません。人が思っている以上に、自分は人のことを考えてしまうところがあって。自分は例えば、(大久保)嘉人さんのように『俺によこせ』という欲を強く出せない。まずはチームが勝つための選択をする。そこで自分が点を取る必要があるなら、その仕事を果たすだけで」

 Jリーグではストライカーのキャプテンは極端に少ない。欧州にはレアル・マドリードのラウル・ゴンサレス、アーセナルのティエリ・アンリなど、FWの伝説的キャプテンがいたが、日本サッカー界はボランチが圧倒的多数だろう。豊田は固定観念を壊せるか。

 ひとつ言えるのは、彼は自己を確立する訓練を怠らないということだ。それは物言わぬ頼もしさを人に与える。実は生来的リーダーで、キャプテンにふさわしい人間なのかもしれない。腕章を巻くことで、その肖像はより明瞭になる。

「個人タイトルは自分に箔がつくだけ。点を取っても勝てないなら本末転倒です。チームがタイトルを取るため、僕は全てを優先しますよ。もちろん、チャンスが来たら決めるスタンスは変わりませんけどね」

 信条を語る豊田は、新しいキャプテン像をこしらえるかもしれない。

■Jリーグ 記事一覧>>