BMWのエントリーモデル「1シリーズ」改良型プロトタイプをキャッチしました。

現行1シリーズは、既に改良型を2015年に発表している上、2018年から2019年には、次期型の発売を控えており、このタイミングで2度目のフェイスリフトは異例とも言えます。

恐らく、この改良型は短命に終わることが予想されますが、常に進化を求めるBMWのこだわりかもしれません。

外観の修正点はキドニーグリル、ヘッドライト、テールライトのグラフィックがリフレッシュされる程度でしょう。

注目はハブキャップを装着した怪しいスチールホイールです。単純に新ホイールがテストに間に合わなかった可能性もありますが、MINIとの共通化と軽量化のため、現行の5穴から4穴への改良をカモフラージュしている可能性もあるようです。

室内の写真は撮れませんでしたが、カメラマンによれば黒い布で覆われており、新しいトリムオプション、最新のiDriveインフォテインメントシステムなど、第3世代が登場するまでスキのないアップデートとなりそうです。

改良型のワールドプレミアは2017年9月のフランクフルトモーターショー、次期型は2018年後半から2019年前半になると予想されます。

(APOLLO)

「MINIへ習え!?」BMW・1シリーズ改良型プロトタイプに装着された怪しいホイールの意味とは?(http://clicccar.com/2017/05/07/469241/)