自然公園計画になぜ反対運動が?

写真拡大

 中国のチベット自治区と青海省にまたがるチベット高原で、約250万平方kmもの世界最大の自然公園を整備する大型プロジェクトが今夏、始動することが明らかになった。完成すれば、グリーンランドの97万2000平方kmの広さを誇る「ノースイースト・グリーンランド国立公園」を抜いて、世界一広大で、標高も4000m級と世界でもっとも高いところにある自然公園となるが、住民の強制移住は必至で、反対運動が拡大するとみられる。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、この公園は「中国第三極国立公園」で、今年の夏に中国やネパール、パキスタンの科学者らとの合同調査を開始する。

 調査の最大のポイントは、自然公園の範囲を決めることで、ドローンや宇宙衛星の画像を使って、自然公園と人間の居住区の境界を決定することにしているという。

 これについて、中国科学院青藏高原研究所の劉景時研究員は「自然公園の整備で最も困難なのは、その広さが250万平方kmと広大なことだ」と指摘する。

 第三極国立公園の面積は、世界で最初の自然公園である米国の「イエローストーン国立公園」(8991平方km)の約278倍となり、「公園の管理・維持が極めて難しいことが考えられる」(劉氏)ためだ。

 しかも、現在世界一の広さをもつノースイースト・グリーンランド国立公園は基本的に無人地帯だが、第三極国立公園の場合、少数民族のチベット族が居住する町や村があり、住民が牧畜を行うなど、現実に生活をしている。その現地のチベット族の人口は約780万人に達しており、ここに自然公園をつくるとすれば、これら780万人のチベット族住民の移住が必要となる。

「彼らの生活を破壊することになる可能性がある。このため、自然公園の整備は科学者マターではなく、完全に政治的判断になる」と劉氏は指摘する。

 このビッグプロジェクトの中国政府担当者は「自然公園の設立は、自然保護ばかりでなく、天然資源の保存にも役立つ」と主張する。チベット高原は金、銀、銅、石炭や石油などの天然資源の宝庫として知られるが、これまでの乱開発で、広大な自然環境が破壊されていることから、自然公園を建設すれば、自然ばかりでなく、天然資源も守ることに通じるというわけだ。

 しかし、現地のチベット族社会からは「780万人ものチベット住民をチベット高原から追い出し、チベット住民をある一定の区域にまとめて居住させ、共産党政権による実効支配を強化しようとの思惑が働いているのではないか」との声も出ている。