おしり出ちゃってる。LAガールのジーンズスタイル

写真拡大

ロサンゼルスの街を歩くと、ジーンズのトレンドにいつも驚きます。

破れまくっていておしりが見えそうなジーンズ、シルエットがおもしろいジーンズ、芸術的としか言えないようなデザインのジーンズ──。

とにかくなんでもありなのが、ロサンゼルスのジーンズ事情。

「フレアが履きこなせなきゃ、LAガールじゃない」

ロサンゼルス発のデニムブランドって、じつはすごく多いんです。そのため、ロサンゼルスでは毎シーズン、新しいデニムブランドが次々と誕生しています。

最近、私のまわりで人気のブランドが「MOTHER(マザー)」。この春、ミランダ・カーとのコラボレーションを発売し、ますます注目が高まっています。

マザーのジーンズのなかでも、とくに人気なのがフレア。

ロサンゼルスでスタイリストをしている友人は「フレアが履きこなせなきゃ、LAガールじゃない!」と、豪語しているほど。フレアジーンズは、LAガールの必需品のようです。

たしかに、街を見わたすとフレアジーンズを履いている女子が多い。これでもか! ってくらい高いヒールとあわせるのがトレンドのようだけど、なかには思いっきり裾を引きずっている人も...。

また、最近では思いっきりペイントされた、個性的なフレアジーンズもよく見かけます。

ただ私は、このフレアジーンズだけは苦手。

私もデニム愛好家のひとりですが、定番の「Lee(リー)」や「Levi's(リーバイス)」のストレートがやっぱり落ちつきます。

肌見せの領域超えてる...。セクシーなジーンズが話題に

あたたかい気候ということもあってか、ロサンゼルスの感覚では「デニム=ホットパンツ」。みんな、足を出しています。

そんななか、肌見せという領域を超えた、すごいジーンズが話題になりました。

これは世界で活躍しているフランスのデザイナーブランド「VETEMENTS」が発表した、リーバイスのリメイクデニム。

もはや、おしり出ちゃってます。

LAブランドの「MADE GOLD」では、LAガールが好きそうなセクシーなジーンズが大人気。

そのうちのひとつが、この編み編みデニム。街でよく見かけます。

このトレンドは「セクシーなデニムが好まれるLAならでは。サンフランシスコでは流行らない」と、サンフランシスコのスタイリスト、ジョーが言っていました。

たしかに、サンフランシスコではあまり見ないかも...。

アメリカではつい先日、「NORDSTOROM」が泥で汚れたようなジーンズを425ドル(約4万7千円)で販売していることに対して、「ばかげている」とメディアで騒がれていました。

@prpsjeansがシェアした投稿 -

じつはこの汚れたようなジーンズを作っている「PRPS」は、以前から破れまくったデニムや汚れた感じのデニムなど、個性的なデザインをしていることで有名なデニムブランド。

メディアに騒がれたジーンズですが、5万円払ってでも履きたい人はいるのです。ファッションは自由だから──。

どんどんエスカレートするジーンズトレンド。私は、こればっかりは冒険せずに、この夏もベーシックでいくことにします。

写真/gettyimages

こちらも読まれています

・結局、白シャツに原点回帰する

・黒、白、デニム。新生ディオールはクールに着こなす

・あなたのパワーアイテムは何ですか? 東京女子6人に聞いた #sponsored