マチアソビ vol.18前夜祭の中で「ちょっと変わったイベント」として発表されていたのが「公開お祓い」です。作品のヒットを祈願して、スタッフや作品関係者、キャストらが神社へ行き祈祷式を行うケースはありますが、マチ★アソビではこのお祓い(祈祷式)に一般の人も参加することができました。

TVアニメ『活撃 刀剣乱舞』公式サイト

http://katsugeki-touken.com/

両国橋西公園ステージではアニプレックス・金沢利幸さん、陸奥守吉行役・濱健人さん、アニメの制作を担当しているufotableの近藤光プロデューサーが登壇。最初に公開されたPVの場面カットを見たりしつつトークが行われました。



ufotableでは今回、この「活撃 刀剣乱舞」のアクション部分をもり立てるために小船井充さん・木村豪さん・國弘昌之さんの3人を「剣戟アニメーター」の役職につけています。この3人はufotableの中でも動かすのが得意なアニメーターであり、その腕を買われて見せ場である剣戟を担当しています。AnimeJapan 2017に合わせて、YouTubeで剣戟アクション紹介映像も公開されました。

『活撃 刀剣乱舞』剣戟アクション紹介映像 - YouTube

アクションを描かなければならないため、いまufotableの作画班のあたりには参考用の刀や剣がゴロゴロしているそうなのですが、今回はその中から、陸奥守吉行が使う銃の参考品を、おっきなこんのすけが持ってきてくれました。こんのすけが可愛すぎて大喜びの濱さん。



そして舞台上で記念撮影。



このときに撮られたのがこの写真です。



イベントのラストに、このあとに行われるお祓いに参加したい人を決めるためのじゃんけん大会が行われました。



神社の階段下には「活撃 刀剣乱舞 ヒット祈祷祭」のパネルが。



神社本殿前にスタッフが集まり、その様子を遠巻きに見守るお客さんたち。



祈祷式にはスタッフらが参加。しかし、お客さんたちもかなり近い位置で参加できることに。



スタッフの方々に続いて、大麻(おおぬさ)を振られ、まさに一員として祈祷式に参加できたのでした。



式そのものは15分前後で終了。



最後にスタッフ・関係者一同と一般参加者、さらに神職・巫女さんまで合わせて集合写真。



「活撃 刀剣乱舞」は2017年7月放送開始です。