6日、中国メディアの観察者網が、日本メディアの報道を引用し、美容院が訪日外国人に人気だと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年5月6日、中国メディアの観察者網が、日本メディアの報道を引用し、美容院が訪日外国人に人気だと伝えた。

記事は、爆買いは一服したものの、訪日外国人数は今でも増加し続けており、日本の美や癒やしが体験できるスポットが人気だと紹介。特に、美容室で日本風のかわいいヘアスタイルにするのが人気だという。

一例として記事は、香港から来た女性が東京都内の美容室を訪れたことを紹介。5回以上来店している常連で、毎回観光と一緒に日本で髪を切っているのだという。今回はパーマとカラーを注文し、がらりと雰囲気を変えた。

この女性は、わざわざ日本で髪を切る理由について、「香港では時間もかかるし、料金も高い。日本のヘアスタイリストはプロ。その人に合った自然な雰囲気にしてくれ、それがかわいい」と答えた。

ホットペッパービューティーアカデミーの調査によると、アジア圏の20〜40代女性に「美容に関して憧れる国」を聞いたところ、トップが日本で64%、2位は韓国で57%であり、アジアにおける日本の人気の高さを示している。

上海で美容室を経営する王国順(ワン・グオシュン)さんも、「アジアでは日本の美容師が一番だ。自然でやわらかな雰囲気をつくるのがすごい」と高く評価している。

記事は、日本での美容人気のポイントは「かわいい」にあり、「韓国の美は作られた感じがあるけれど、日本はナチュラル。それが日本のかわいいだ」との意見を紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーから「明らかに日本はコマーシャルを宣伝している」「こんなの営業手段で話題づくりにすぎず、信じたらだまされるよ」「1つのものがダメになったら、すぐに次のものを宣伝する」など、ただの宣伝にすぎないとのコメントが多く寄せられた。(翻訳・編集/山中)