5連覇達成の凱旋バイエルンが第3GKシュターケの活躍で勝利、敗れたダルムシュタットは降格が決定《ブンデスリーガ》

写真拡大

▽バイエルンは6日、ブンデスリーガ第32節でダルムシュタットとのホーム戦に臨み、1-0で勝利した。

▽前節ヴォルフスブルク戦を6-0と大勝してブンデス史上初のリーグ5連覇を達成した首位バイエルン(勝ち点73)が、3連勝中で降格を何とか免れている最下位ダルムシュタット(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。

▽ロッベンやチアゴ、ラームら主力をベンチスタートとしたものの、地力に勝るバイエルンが押し込む展開とすると、16分に最初の決定機。キミッヒの持ち上がりからボックス右に侵入したラフィーニャがGKを強襲するシュートを浴びせた。

▽それでも18分、リベリのパスを受けたボックス左のベルナトがダブルタッチを使ってDFをうまく外し、左足アウトでのシュートを流し込み先制する。

▽その後も攻勢に出るバイエルンは26分にミュラーのダイビングヘッドでゴールに迫ると、直後にはJ・ボアテングのロングシュートで追加点に近づいた。

▽30分にミュラーのボールロストからプラッテに際どいシュートを浴びたものの、ハーフタイムにかけてドグラス・コスタのミドルシュートやリベリのカットインからのシュートでダルムシュタットゴールに迫ったバイエルンが、1点をリードしたまま前半を終えた。

▽後半も立ち上がりから攻勢に出たバイエルンは54分、ラフィーニャの右クロスに合わせたレヴァンドフスキのダイビングヘッドは枠の左に外してしまう。

▽すると64分、ダルムシュタットは左CKからバンガードのヘディングシュートで同点ゴールに近づいたが、GKシュターケの好守に阻まれる。続く65分にはディフェンスライン裏を突いたプラッテがネットを揺らすも、オフサイドに阻まれた。

▽追加点の遠いバイエルンは69分、左CKからレヴァンドフスキのヘディングシュートはGKエッセルの好守に阻まれると、84分にPKを献上する。ベルナトがボックス内に侵入してきたシプロックを倒してしまった。しかし、キッカーのハミト・アルティントップが枠の右を狙ったシュートはGKシュターケがセーブ。

▽このまま1-0で逃げ切ったバイエルンが第3GKシュターケの活躍で凱旋試合を勝利で飾っている。一方、敗れたダルムシュタットは降格が決まった。