プロも実践!「美白コスメ」をさらに効果的に使うテク

写真拡大

夏を迎えるこれからのシーズン、紫外線対策はもちろん、美肌のためにはうっかり日焼けをしてしまったアフターケアとして“美白対策”も取り入れたいところ。だけど、ただ美白アイテムを取り入れるだけでは、もったいないかも?

今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、美白アイテムのポテンシャルをあげる方法をご紹介します。

2週間に1回程度の角質ケアで、古い角質をオフ

画像:杉本由美

お肌の表面に古い角質が覆いかぶさった状態のままで美白アイテムを使用しても余分な角質が壁となって効果を感じるのは難しいもの。そのため、これからのシーズンは2週間に1度くらいの割合でピーリングを行うなど角質ケアをするのがおすすめ。ターンオーバーで落ちなかった古い角質を取り除くことが美白成分をお肌にしっかり届けることに繋がります。

ただしピーリングのやりすぎは必要な角質まで落としてしまい、お肌のバリア機能を低下させてしまうこともありますので注意しましょう。

バスタイム後に美白アイテム+シートマスクでケア

バスタイム直後は毛穴も開いている状態なので、最高のスキンケアタイム。このときに素早くスキンケアを行うことが美肌の秘訣であり、それは美白ケアにおいても同じことがいえます。

スペシャルケアのシートマスクをする前に軽く化粧水で肌を整えてから美白アイテムを肌になじませましょう。その上からシートマスクをON!

画像:杉本由美

このスペシャルケアでしっかりお肌に水分を与え、美白アイテムをつけた上からピタッとマスクを貼り付けることで、美白成分をお肌に届けることが期待できます。普段の美白ケアに合わせて週に1度行いたい、スーパー美白ケアです。

いかがでしたか? 今回は美白アイテムのポテンシャルを高めるコツをご紹介しました。秋になってカサカサ肌に後悔……なんてことにならないためにも、今年の夏は紫外線対策&スペシャルケアで徹底的に肌を守っていきましょう!

【参考】

※ 学研パブリッシング「最新版 肌美人になる スキンケアの基本」友利 新(監修)

【画像】

※ 杉本由美

【筆者略歴】

杉本由美

手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。