「J1に台頭する新星たち、今季注目のルーキーBest3」

写真拡大 (全4枚)

今季Jリーグの門を叩いたルーキーは120名以上。そして、そのうちピラミッド最上位に位置するJ1クラブに加入したのが50名近くで、さらにその中から既にトップチームデビューを飾った選手となれば、数えられるほどだ。

しかし、その中でも可能性を感じさせてくれる才能が確実に台頭しているのも事実。今回のコラムでは、限られたチャンスの中で出場時間を掴み、注目度が上昇しているルーキーの中から選りすぐりの三人を紹介しようと思う。

原輝綺(アルビレックス新潟)

生年月日:1998年7月30日(18歳)
身長:178cm
体重:70kg
ポジション:MF
背番号:34
利き足:右足

現時点で「2017シーズンにおけるJ1のNo.1ルーキーを決めろ」とのお題が与えられたら、J1開幕節でアルビレックス新潟史上初となる高卒スタメンを飾り、以降もチームの心臓部を担い続ける彼が最右翼となるだろう。

プロ入り前のタレコミ情報では「守備的なポジションであればどこでもこなせるユーティリティ性」が最大の武器のような印象だった。実際、今季も開幕から出場してきたボランチ以外にも左サイドバックでプレーするなど、その万能性も十分に活かしている。しかし、“便利屋”と片付けるのはあまりにも雑な表現だ。それほどまでに彼の貢献度は大きい。

アルビレックス新潟は、攻守にエネルギッシュなプレーを身上とするチームだが、原は若くしてそのチームスタイルを体現している。守備では労を惜しまぬチェイシングと気の利いたカバーリングで周囲を支え、攻撃では前線のパスワークに関与。1試合における走行距離ランキングにおいても上位に度々ランクインするなど、その運動量は既にJ1でもトップクラスだ。

元々、守備時に真価を発揮することが多いタイプ故に、攻撃面でのクオリティーはまだまだ物足りない印象だが、末恐ろしいタレントであることは改めて言うまでもない。高卒とは思えぬ、冷静さとクレバーさを兼ね備える若武者はどのような成長曲線を描いていくのだろう。

まずは、U-20日本代表として参加する『FIFA U-20ワールドカップ』で、世界の同世代相手にその実力がどこまで通用するかに注目したい。

永戸勝也(ベガルタ仙台)

生年月日:1995年1月15日(22歳)
身長:172cm
体重:71kg
ポジション:DF
背番号:2
利き足:左足

日本人には数少ない“左利きのサイドバック”としても魅力的な人材。法政大学時代から積極的な攻撃参加と正確な左足を武器にしていたが、プロの舞台にフィールドを変えてもその持ち味は光り輝いている。

今季新たなシステムに挑戦するべガルタ仙台の左ウィングバックとして開幕節からスタメン出場を飾ると、そのままレギュラーポジションを獲得。第6節の浦和戦までは6試合連続で先発出場を果たした。

自らが「持ち味は左足のキック」と語るように、オーバーラップからのチャンスメイクが真骨頂のようだが、守備の面でもプロ相手にしっかりとファイトできており、堅守のチームにおいてはその長所以外の面も伸びそうな気配だ。

やや物足りないスピード面が仇となり、ドリブラーへの対応では少々脆さを感じさせるシーンもあり、課題はまだまだ山積みだが、今後が楽しみな一人であることは間違いない。

安部裕葵(鹿島アントラーズ)

生年月日:1999年1月28日(18歳)
身長:171cm
体重:65kg
ポジション:FW
背番号:30
利き足:右足

“ふてぶてしさ”すら感じさせる、その堂々たるパフォーマンスは、一度目にすると脳裏に深く刻まれる。

「緊張とかまったくしないタイプ」と公言する171cmのアタッカーは、第5節の大宮アルディージャ戦でペドロ・ジュニオールと交代してプロデビューを果たすと、すぐさまポテンシャルを感じさせるプレーを披露。足が震えてもおかしくないファーストタッチも決して慌てることはなく、土居聖真には決定機を提供。その後訪れた決勝点の場面でもしっかりと顔を出すなど、ファーストインパクトは十分過ぎるレベルであった。

スピードとキレを活かした動き出しの良さ、ボールを受けてからの仕掛けなど、オンとオフを問わずに力を見せ付けられる逸材。本田圭佑が経営する『S.T.FC』の出身としても知られるが、果たして偉大なる男と同じ道を歩めるだろうか。