生後8か月で目に腫瘍が見つかった女児(出典:http://metro.co.uk)

写真拡大

1歳にも満たない我が子が病と闘わなければならない姿を目の当たりにした時、両親にとっては相当のショックであろう。このほど生後8か月の娘の目に異変を感じ、それが悪性腫瘍だったことで両親は「どんなに健康な子供でも起こり得ること」と英『Metro』や『Eastern Daily Press』を通して世間に広く訴えた。

成長するにつれて普段のやんちゃぶりがますます可愛くなってきた娘に対して、その異変に両親が気付いたのはふとしたことからだった。

英ノーフォークのセットフォードに暮らすスティーブ・クロスビーさん(34歳)と妻のルーシーさん(27歳)が娘ラヴィーナちゃんの左目の白い斑点に気付いたのは、ラヴィーナちゃんがランプのそばに座った時だった。

昨年11月に子供の眼球内に発生する悪性腫瘍「網膜芽細胞腫」と診断されたラヴィーナちゃんは、それから5か月間、辛い化学療法に耐えてきた。

医師によると、ラヴィーナちゃんの左目は視力がほんのわずかに残っているか失明状態だという。ラヴィーナちゃんは化学療法の3度目と4度目に血流感染症から敗血症に移行してしまい、いつも笑顔を絶やさなかったものの顔から笑みが消えた。

「娘は辛い治療に疲れ果てて、もう闘う気力が残されていないように見えた時もありました」とスティーブさんは言い、「娘の治療中は私たち親にとっても耐え難く、苦難の道のりでした」とルーシーさんは話している。両親にとっても幼い娘が病床で苦しむ姿に、心が折れそうになったに違いない。

ラヴィーナちゃんは3月末に最後の化学療法を終えた。しかし完全に腫瘍が消えたわけではないため、5月の検査で結果が良ければレーザー治療だけで済むが、腫瘍が大きくなってしまった場合は眼球摘出手術を行わなければならないそうだ。

スティーブさんとルーシーさんは、メディアを通して世間の親に注意喚起を促している。

「ラヴィーナはとても元気で健康な子でした。だから『ウチの子は大丈夫』という思いが私たちにはありました。でもこの病気は、どんな子供にでも起こり得るのです。」

我が子の辛い治療を見守り続け、一緒に苦難を乗り越えて行くことでラヴィーナちゃんとの絆が一層深まったというスティーブさんとルーシーさんは、「命の大切さに改めて気付かされました」と述べている。

現在は笑顔を見せてくれるようになったラヴィーナちゃんに、両親は安堵しているようだ。「左目が失明していても、眼球摘出になったとしても、娘は元気に、そして他の子供と同じように普通に暮らしていくでしょう。この病気になったからといって、あの子がこれからしたいことを止めるきっかけには全くなりません」と力強く語っている。

出典:http://metro.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)