長友佑都【写真:Getty Images】

写真拡大

 インテルを率いるステファノ・ピオリ監督が、DF長友佑都について語った。6日の会見の模様を、クラブ公式サイトが伝えている。

 長友は先月30日に行われたナポリ戦で敗戦につながる決定的なミスをしたことで、非難が集中した。長友に何を話したかと問われた指揮官は、次のように答えている。

「私は選手と話す前に、態度や姿勢を見る。佑都には素晴らしいプロ意識があり、いつだって意欲を持って取り組んでいる。今週もとてもよくやっていた。私が口を出す必要などなかったよ。モチベーションにあふれていたからね」

 6日付の伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、翌日開催されるジェノア戦でも長友が左サイドバックで先発すると予想している。

text by 編集部