アニメ制作会社のufotableが企画・運営するアニメ制作者側とファンとの交流の場となるギャラリーカフェ「ufotable cafe」は東京・徳島・名古屋に3店舗、「日常的に体感できるマチ★アソビ」をテーマにしたアニソンカフェ「マチ★アソビカフェ」は北九州・東京に2店舗を構えています。マチ★アソビ vol.18では、「東名阪」でありながらお店のなかった大阪への進出が発表されました。

ufotable cafe

http://www.ufotable.com/cafe/

マチ★アソビCAFE

http://www.machiasobi.com/machiasobicafe/

ufotableの近藤光プロデューサーとマチ★アソビカフェTOKYOの市川修三店長が「ufotableトークショー」に登場。ufotableトークショーは30分のイベントの予定だったのですが、前のイベントの進行が押していたため、「10分で終わらせます」と近藤プロデューサー。



イベント前から「ある発表」を行うと宣言していた近藤プロデューサーですが、ステージに登壇するやいなや、市川店長と共に「僕らに届く声が多かったのよ」とトークをスタート。



そして、「スタップが育ったから」「ちょっと前に大阪に行った」と意味深なコメントを連発し、「待望のマチ★アソビカフェとufotable cafeのダブルネームカフェが大阪に進出します」と発表。

元々アニメ制作では「お客さんの顔が見えない」ということで、「この距離を縮めたい」という思いからスタートしたというカフェ事業ですが、多くのユーザーのおかげでついに大阪にまで進出できることになったということで、近藤プロデューサーと市川店長は感謝の言葉を口にしていました。なお、マチ★アソビカフェとufotable cafeのダブルネームカフェとなる大阪店は、クラウドファンディングで資金を募る予定とのことで、これに合わせてこれまでマチ★アソビカフェやufotable cafeで作成してきたアニメとのコラボグッズを放出予定とのこと。時間がなかったため詳細は大幅にカットされましたが、その他の情報については「ツイッターなどをチェックしてね」とのこと。



なお、マチ★アソビカフェとufotable cafeのダブルネームカフェとなる大阪店は早ければ夏にも開店予定とのことです。