白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第48回(最終回) 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜


  初めてのスコアは119! 
ゴルフはミスをいかに少なくするかというスポーツ

内藤雄士コーチ:以下内藤 お疲れさまでした。前半が57で、後半が62の合計119ストローク。コースデビューとしては立派な数字だと思います。

白石あさえ:以下白石 ありがとうございます。実は、昨日は緊張で全然寝ることができなかったんです。でも、その緊張感がよかったんですかね。

初ラウンドとしては上々のスコアで18ホールを回りきった
内藤 いつまで経っても緊張はするものだし、それを楽しめるようになるといいですね。

白石 最初は全然思うようにボールを打てなくて……。でも、練習通りに打てたときは本当に気持ちがよかったです。

内藤 ドライバーから始めて必要なことだけを練習してきた1年間のレッスンの成果は十分に出ていたと思います。あとは、白石さんがレッスン以外にも積極的に練習場に通って、自主練を重ねたことがこの日につながったんだと思います。

白石 1年間ありがとうございました。最初の半年は本当に思うようにできなくて、撮影の日(レッスン日)が憂鬱に感じることが多かったんです。でも、内藤コーチの素晴らしいレッスンや、練習場で毎週教えていただいたコーチの方々、そして、このチームだったから頑張れたんだと思います。今は感謝の気持ちでいっぱいです。


緊張していた白石さんも練習の成果が出始めて、リラックスした状態でプレーすることができた
内藤 練習場でできることが、コースではできないところがゴルフの難しいところです。そして、ゴルフはミスをいかに少なくするかというスポーツだと、しっかり頭に入れておいてください。

白石 はい、わかりました。ついついナイスショットばかりを求めてしまいますが、練習場でできないことはコースでもできないと思って、もっと練習したいと思います。初心者ながら、読者に伝えたいと思うことは、最初からうまくいかなくても諦めないでほしいということ。ゴルフが好きな人がもっと増えるといいなと願っています。私は今日の喜びを忘れないで、これからも頑張りたいと思います。

※約1年間にわたり連載してきた『目指せコースデビュー』は今回で終了です。ご愛読ありがとうございました。初心者はもちろんのこと、スコア100を切れないゴルファーたちにも、内藤雄士コーチからの的を射たアドバイスは役に立つはずです。ぜひともバックナンバーをご参照ください。

■【内藤雄士ゴルフレッスン】記事一覧>>


1年間のレッスンの集大成として、記念すべきコースデビューを果たした白石さん。今は感謝の気持ちでいっぱいとのこと(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。一昨年、念願だったグラビアデビューを果たす。今年も『週刊プレイボーイ』6号をはじめ、各週刊誌の表紙、グラピアページを飾っている。最近は地方競馬、「南関ガールズ」として、各種イベントにも多数参加。近況は公式ブログとインスタグラムに随時アップされるのでチェックを。ゴルフのほうはコンスタントに練習場に足を運び、メキメキ上達。目標はプロアマ戦に出場! 身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型。

撮影協力/ザ・インペリアルカントリークラブ(PGM)


■【内藤雄士ゴルフレッスン】記事一覧>>