インドの首都ニューデリーの病院で治療を受ける女子生徒ら(2017年5月6日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インドの首都ニューデリー(New Delhi)で6日、コンテナ置き場でガス漏れが発生し、近隣の学校の生徒約200人が目や喉に違和感を訴えて病院に搬送された。警察が発表した。

 警察によれば、ガス漏れが発生した当時、学校では授業が行われている最中で、教室内には工業用の化学物質が充満した。

 警察幹部は記者団に対して、約200人の生徒は治療のため4つの病院に収容されたが、深刻な状態の生徒はおらず、現場の状況も今は落ち着いていると述べた。

 さらにこの警察幹部は、化学物資の取り扱いについて過失責任を問う法的措置の検討を開始することを明らかにした。
【翻訳編集】AFPBB News