FWで起用された闘莉王。古巣戦では守備に重点を置いた。(C)J.LEAGUE PHOTOS

写真拡大 (全2枚)

 ブーイングも覚悟していた。
 
 移籍してから初めて迎える名古屋戦を前に「レッズを出て埼玉スタジアムへ戻ったときに5万人以上からブーイングを浴びたこともあるからね」と静かな口調で話していた田中マルクス闘莉王は、ウォーミングアップでピッチに姿を現すと、まず敵地まで駆けつけた京都サポーターへの挨拶を済ませた後、チームメイトの下を離れて名古屋陣内へ向かっていった。
 
 ゴール裏、メイスタンド、バックスタンド…四方へ頭を下げた彼にスタジアムの大観衆から送られたのは、万雷の拍手だった。
 
「温かいですね。自分が(名古屋を)出ていきたかったわけじゃない。グランパスに関わっている少々の人には人間として付き合っていけないけれど、グランパスというブランドを愛する気持ちは変わらない」と試合後には古巣への感謝と愛情を口にしている。
 
 闘莉王にとっても、名古屋に関わる人たちにとっても、特別な想いを抱いて行われた試合は1-1の引き分け。3万6千人以上が集まった敵地で先制点を奪いながら、終了間際に追いつかれた展開に「決して悪い試合ではなかったけれど、勝ち切らないとなんにもならない」と悔しさを露にしていた。
 
 一時はJ3降格圏内まで順位を落とした京都が、ここ4試合は2勝2分と復調しつつある。
 
 その原動力のひとつとなっているのが闘莉王のFW起用だ。8節の愛媛戦を前に、布部陽功監督は3バックから4バックへのシステム変更を決断。さらに負傷が癒えて復帰戦となる闘莉王を、これまでの最終ラインではなく前線に配置した。
 
 その効果はいきなり発揮される。試合終了間際の劇的決勝弾を含むハットトリックでチームを勝利に導くと、そこから3試合連続得点を記録。得点以外でも、192センチのFWケヴィン・オリスと形成するツインタワーは前線の起点になっている。
 
 これまでは後方からパスをつなごうとして相手のプレッシャーをかいくぐれずにいたが、高さのある前線へのシンプルなロングキックも取り入れることで攻撃が機能しはじめた。
 また、空中戦だけでなく足下の技術も確かで、縦パスを受けたところに2列目の小屋松知哉や岩崎悠人が絡んでいく、サイド攻撃から供給されるクロスにあわせるといった場面も試合を重ねる毎に増えている。前線でボールが収まるという信頼があるから、中盤やサイドバックは迷い無く走りこむことができるのだ。
 
 指揮官は「この選手たちの特徴をいかに発揮させるか、相手にとってなにが嫌なのかを考えた」(布部監督)と説明する。闘莉王のFWとしての能力、そして攻撃の構築に苦しむチーム事情を踏まえた上での起用がはまった格好だ。
 
 名古屋戦はシュート1本に終わり「今日は(得点を決めるのは)自分ではなかったのかな」と攻撃で輝きを放つことはできなかったが、守備ではいつも以上の貢献が見られた。
 
 京都は序盤こそ前からのプレッシングが効いて高い位置でボールを奪えていたが、次第に自陣で耐える展開が増えていく。そうした試合展開自体は想定内で、大事なのは中央を割られないことだった。
 
 闘莉王はボランチが中央から釣り出されそうな時に中盤深くへ下がって守備陣形に加わり、時に第三のボランチとしてバイタルエリアが手薄にならないように意識を払っていた。
 
 2ボランチの一角を務めた吉野恭平は「トゥーさん(闘莉王)は『きつい時は絶対に助けてやるから』と言って、何度も俺と(ハ・)ソンミンの間まで降りてサポートしてくれた。すごく助かりました」と振り返っている。
 
 FWとしての闘莉王は、どちらかというと守備よりも攻撃に力を注いでいるが、対戦相手や試合展開によっては役割を変えることも厭わない。
 
 チームが勝つために何をすべきなのか――常日頃からチームメイトに要求していることを、古巣との一戦で自ら率先して示した。それは復調しつつあるチームの中で大きな存在感を放つ闘将の矜恃を感じさせるものだった。
 
取材・文:雨堤俊祐(サッカーライター)