気になる彼との食事デート、一緒になにを食べるか考えるだけでウキウキしちゃいますね。でも、ちょっと待って! 思わぬところをチェックされて恋愛対象外にされちゃうかも!? 今日はアラサー男子たちに食事中につい目が行ってしまうことについてお話を聞いてまいりました。うーん、なかなか手厳しいかも……。

おはし・カトラリーの持ち方がきたない

・ 「両親がお行儀にすごくうるさかったんです。おはしの持ち方も叩き込まれて育ちました。なので、女性にもできて当然かなって思ってしまう。おはしの持ち方がガチャガチャしていると美しくないです」(販売/30才)

・ 「コンパとかで、サラダとかを取りわけてくれたとしても、トングの使い方がスマートじゃないと『ないかな〜』と。いったんは友だちどまりですね」(開発/25才)

▽ レディーのたしなみ、というところなのでしょうか。筆者も子どものころに、おはしの持ち方は特訓しましたね。大豆で練習させられていた記憶が……。なかなか難しいですよね!

お茶碗にお米が残っている

・ 「食事に行ったときに、食べかたのキレイさはもちろん見ますけど、食べ終わったあとのお茶碗を見ちゃう。お米が一粒も残っていない子には好感を持てます。今までも、ちゃんと最後まで食べている子に悪い子いなかったし」(接客/28才)

▽ お米を大事にできる子に、悪い子はいない。たしかにそうかもしれません。食べ物を粗末にしちゃいけないですよね! お残しはゆるしまへんで〜!

「いただきます」と「ごちそうさま」を言わない

・ 「こんなことを言ったら年寄りくさいって言われちゃうかもしれないけど、食事の前と最後にきちんと『いただきます』と『ごちそうさま』が言える子っていいよね。気分がいいよ」(映画監督/38才)

▽ 食べ物への感謝をあらわす「いただきます」と「ごちそうさま」。なにげなくやっていることが、じつはあなたの好感度をあげているのかも。

食べ終わったお皿を整理せずに全部人任せ!

・ 「前に合コンに行った子のなかに、食べ終わったお皿をそのままにして、友だちに片付けさせていた。やってもらって当然、みたいな感じで。得点稼げっていうわけじゃないけど、どっちが好感度が高いかって言われたら、そりゃあお皿を整理してる子だよね」(ギタリスト/25才)

▽ 男性の食べたお皿ばかりを整理してくる子も、「男の好感度狙いがスケスケで引いてしまう」とのこと。あまり肩肘張りすぎずにいつも通りに食事を楽しむのがいちばんかもしれませんね。

バイキングでとってきたものを残す

・ 「街コンで会った子とランチバイキングに行ったんですけど、その子、バイキングで好きなだけ注文したあげくに『もう食べれなーい』っていって大量に残したんです。ナイわあってなった。人としてどうよって思う」(飲食/33才)

▽ 反対に、食べられる分だけを残さず食べる子は好感度アップだそう。ちょこっとずつ食べられるのが魅力のバイキングですが、ついテンションがあがってとりすぎたりもしちゃうので、注意が必要ですね。

いかがでしたでしょうか?
見られていないようなところが、ばっちりチェックされるものなのですね。行儀作法にうるさい男性というのは、口うるさいと感じるかもしれませんが、自分の子どもにも徹底的にしつけをするので、かなりいいイクメン候補だとは言えます(自分のことを棚アゲしている場合は除く!)。ご参考になればさいわいです。筆者も今一度、自分の食べ方をセルフチェックしてみようと思います!