チョン・ミソン、パク・ボゴムを賞賛…ドラマ「雲が描いた月明かり」での美談を公開

写真拡大

女優チョン・ミソンがパク・ボゴムを賞賛した。

6日に韓国で放送されたSBSパワーFMSBSパワーFM「2時脱出Cultwo Show」では、演劇「母と2泊3日」に出演するカン・ブジャとチョン・ミソンがゲストとして出演した。

この日、チョン・ミソンはリスナーに「雲が描いた月明かり」で親子役で息を合わせたパク・ボゴムについて尋ねられると、「息子に『僕の学校の生徒たちがお母さんを羨ましがっていた』と言われ『何が?』と聞いたら『パク・ボゴムを抱き締めたじゃない』と言っていた」と述べた。

彼女は「私はただ抱き締めたと思うんだけど、子供の目には羨ましいことみたいだ」と言った後、パク・ボゴムについて「子供が演技がとても良いと言っていた」と述べた。

続いて「眠れない日が続いて大変な中、先輩たちのお願いだからとサインを最後までしてくれた」と説明した。