2017年5月に開催されたマチ★アソビ vol.18でも「君にシンクロするニュースアプリ」ことハッカドールのスペシャルステージ「ハッカドール マチ★アソビvol.18 スペシャルステージ!」が開催されました。今回で6回目となったマチ★アソビ×ハッカドールのスペシャルイベントですが、今回はハッカドール1号役の高木美佑さん、ハッカドール2号役の奥野香耶さん、ハッカドール3号役の山下七海さんによるミニライブも行われ、会場は歓声の渦に飲み込まれました。

マチ★アソビvol.18にハッカドールも参加しますっ! #マチアソビ | ハッカドール(Hackadoll) 公式運営ブログ

http://blog.hackadoll.com/2017/04/vol18-machiasobi.html

というわけで、さっそく会場にハッカドール1号2号3号役の高木美佑さん、奥野香耶さん、山下七海さんが登場。ステージ左端にいるのはイベントの司会進行役の岡村直哉さん。ハッカドールの3人が登場すると会場から歓声が巻き起こり、おなじみの「こんにちハッカー!」で会場にあいさつをする3人。



3人はマチ★アソビに参加するために徳島までやってきているわけですが、「もしもイベントがなかったらゴールデンウィークは何をしてた?」という質問が岡村さんから投げられます。この質問に対し、高木さんは「シューティングゲームが好きなので、日夜研究に明け暮れていた」、奥野さんは「5月3日と4日は岩手の実家に帰っていたのでそのまま実家にいたと思う」、山下さんは「徳島出身なのでゴールデンウィークはマチ★アソビがなくても地元に帰ってきたと思う」とコメント。

そんな3人と送るハッカドールイベントも今回で6回目ですが、約3年前に行われた記念すべき1度目のマチ★アソビ×ハッカドールイベントに参加した人がいるか会場に聞いてみたところ、数名が挙手しました。



さらに、恒例の「ハッカドール使ってますか〜?」という質問に対しては、会場から無数の腕が伸びます。



ハッカドールはアニメ・漫画・ゲームに関するニュースを集めてくれるニュースアプリですが、もうすぐ3周年ということで、ライブの前に「もうすぐ3周年だよハッカドールのコーナー」がスタート。このコーナーではおなじみのフリップを使い、岡村さんが出すお題に3人が大喜利形式で回答していきます。



ハッカドールの配信から約3年が経ったわけですが、アプリは夏コミ初日の8月15日に配信スタートしたそうです。その配信前日の夜、スタッフが「もうだめだ、終わった」と思ってしまう出来事が起きたそうですが、「一体何が起きたのでしょうか?」というのがひとつ目のお題。

山下さんの回答は「ハッカドールの名前が決まらなかった」というもの。これは実際にスタッフから聞いた開発秘話だそうですが、前日に突如起きた問題ではないということで不正解。続いて、高木さんは、夏コミ前日だったということで「なのは完売」というフリップを出します。ハッカドールの開発スタッフから、「おかむーごめん!なのは完売したわ」という連絡が入ったのでは?と推測したようですが、「前日にわかんねーじゃん!」と岡村さんからツッコミだ飛び出します。そして奥野さんの回答は、「画面が割れた」というもの。これにも素早く「スマホからアプリを配信するわけじゃないからね?!」とツッコミが入り、1問目は3人仲良く不正解に終わります。

1問目の正解は、「Android版アプリが上手く動作せず、画面をタップするとハッカドールが『ごめんなさい』と言うだけのアプリになってしまっていた」というものでした。



続いて、ハッカドールアプリが無事配信された後に開催された2014年冬のコミケで起きた事件に関するクイズ。冬のコミケではニコ生の配信が行われたそうですが、その中で司会進行の岡村さんを襲った事故とは一体なんでしょう?というのが2つ目のクイズとなります。

回答は山下さんが「ニコ生中にトイレに行った」、高木さんが「ぽんぽんぺいん」、奥野さんが「電気ショックで死ぬ寸前」と回答。山下さんと高木さんは仲良く回答がかぶったのですが、正解はなんと「声優さんに電流を流された」ということで、奥野さんの回答が正解。



そんなハチャメチャなアクシデントをくぐり抜けてきた3人と岡村さんですが、2017年の8月に3周年を迎えるということで、続いてハッカドール1号2号3号の3人に「ハッカドールでこんなことをやったらいいんじゃ?」というものを聞いてみることに。

今後ハッカドールでやりたいことを3人に提案してもらうというお題ですが、3号役の山下さんは「ハッカドールの全員曲を作る」と書いていました。ハッカドールでは各自のキャラクターソングや1号2号3号による曲などはあるものの、0号や4号を含めたハッカドール5人全員の曲は存在しないということで、「全員で歌いたい」という提案でした。続く奥野さんは、「ハッカドール2号、3号のねんどろいど発売」と書き、ハッカドール1号のように2号や3号もねんどろいど化してほしいとアピール。



そして最後に高木さんの提案の番なのですが、まさかの「ダイエット捗る!発汗ドールセット」という山下さん奥野さんの提案とはかなり毛色の違うアイデアを発表します。高木さんいわく、発汗作用のある何かとハッカの入浴剤をセットにして「夏コミで販売しましょう!」とのこと。



さらに、高木さんは3周年記念として「ハッカちゃんねる再び!」という提案も出します。これにはハッカドール役の3人が口をそろえて「ニコ生楽しかったなぁ」と思い出に浸っていました。



そんな具合でステージのトークパートは終了。続くミニライブ前に高木さん、奥野さん、山下さんが着用しているのハッカドールTシャツの紹介がスタート。奥野さんが着ている黒色のTシャツは前面にハッカドール1号2号3号がプリントされたもので、白色のTシャツは前面には「ハッカド〜ル!」の文字、背面には3号がチラリとしているイラストがプリントされたオリジナルのTシャツ。



白Tシャツの背面にいる3号はこんな感じ。黒Tシャツは全サイズ完売してしまったそうです。



さらに、ハッカドール×初音ミクのコラボ缶バッチをDeNAパラソルにて配布中とのこと。ハッカドールのアプリかピアプロのマイページを見せるとゲットできるそうです。



また、ハッカドール3周年とすーぱーそに子10周年を記念したコラボレーションも決定。ハッカドールアプリですーぱーそに子関連の記事読むと、アプリ内でバッチをもらえるキャンペーンがスタートします。これと同時に、すーぱーそに子×がくえんゆーとぴあ まなびストレート!のエンドカードもハッカドールアプリ内で配信しており、5月10日にはウエディングそに子のイラストも配布予定となっています。



というわけでハッカドールスペシャルステージのトークパートが終わり、1曲限りのミニライブがスタート。スピーカーから音が流れるのかと思いきや、3人がステージ上でアカペラで「キャベツ検定」を歌い出しました。



これは5月5日に行われたお渡し会の中で、ユーザーから「キャベツ検定見たいな〜」と言われた高木さんの発案で急遽歌うことになった完全アドリブのサプライズだそうで、台本にはない流れだったため司会進行の岡村さんも驚いていました。



続いて、TVアニメ「ハッカドール THE あにめ〜しょん」のオープニングテーマである「Touch Tap Baby」を3人が披露してくれました。















ミニライブ終了後、お客さんの前でキャベツ検定を歌うのは初めてだったということで、「恋のアルゴリズム」や「ハッカドールヒーローの歌」といったまだ披露したことのない曲も「今後披露する機会があったらいいな」な、とハッカドールの3人が口々につぶやいていました。



なお、ライブ後の3人の様子をハッカドールの公式Twitterがアップしており、ここでも突然のキャベツ検定がいじられていました。