大盛況で幕を閉じた「モーターファンフェスタ」。会場となった富士スピードウェイには、国内外の様々なメーカーが集いました。

レース中、各チームの拠点となり緊張感溢れるピットガレージはいつもと少し違う雰囲気に。

各自動車メーカーがイチオシのクルマをガレージに展示していたのですが、アウディブースにはAudi R8 V10 plusと新型Audi TT RSが飾られていました。また、クルマの近くには机とイスまで用意しており、まるで移動式ディーラーのよう!

ゼネラルモーターズ・ジャパンに展示されていたシボレーのコルベットは大人気で、乗車するのに列ができていました。皆さん、運転席に座っておもいおもいに写真を撮り、とっても楽しそう! なかなか乗る機会がない憧れのクルマに座れるだけでも幸せですよね。

しかーし、ここで座って終わるだけじゃないのがモーターファンフェスタなんです!

人気者のコルベットは、GENROQ読者を対象とした同乗走行イベントにも登場。見るだけでなく、実際に乗ってそのクルマの良さを知ることができるのも、モーターファンフェスタならではです。

 

マツダブースに展示されていたマツダ初の乗用車R360クーペのリアウインドウにはカーテンがついていて、小さなお部屋みたいでとっても可愛い! 見た瞬間、一目惚れしちゃいました。

 

ブース内にはR360クーペの誕生秘話が解説されているパネルもありました。

このクルマのデザインは、日本の戦後の工業デザインをけん引したデザイナーのひとりである小杉次郎さんが手掛けたもので、ヘッドライト周囲の凹み付けは、自らの工業デザイン全般において機能上自然な「凹部」が許容される際に好んで用いた定型的モチーフの一種なのだとか。小杉さんはこれを「うれしいかたち」と称していたのだそうですよ。

 

そしてマツダブースでは、マツダデザインを忠実に再現する金型磨きを匠指導のもと、キーホルダー作りとして体験できるという「モノづくり体験」も実施していました。参加者の皆さんの表情は、超真剣! 素敵な思い出になったのはないでしょうか。

レース好きとして嬉しかったのは、レーシングカーもたくさんあったこと。

ホンダブースとルノーブースにはF1マシンも展示しており、マクラーレンホンダMP4-31(2016年)はコックピット乗車体験も行っていました。やっぱりF1マシンってかっこいいなーと、マシンを隅々まで見ながら一人でニヤニヤ。決して怪しい人物ではないので(と信じたい)ご安心下さい。

今年からWRC(世界ラリー選手権)に復帰、そして6月に行われるル・マン24時間耐久レースでは3台体制で挑み、悲願の初優勝への期待が更に高まっているトヨタ。そのトヨタブースには、レーシングカーがずらりと並んでいました。

なかでも目をひいたのが、1995年に藤本吉郎さんが日本人として初めてサファリラリーで優勝したトヨタ・セリカGT-FOUR。

サファリラリーはアフリカのケニアを中心に行なわれるラリーイベンで、現在はアフリカラリー選手権の一戦ですが、2002年まではWRCの一戦に含まれていました。

ケニアの首都ナイロビをスタート・ゴール地点として、ビクトリア湖周辺のケニア、ウガンダ、タンザニアの3カ国を5日間で5000kmも走破した頃もあり、年によっては完走率が15%を下回ることもあるほど、過酷なラリーだったのです。

そんなサファリラリーを制したセリカGT-FOURのボディは歪んでいたりテープで補強されていたりと、その過酷さを物語っています。また、フロントについているガードは「アニマルバー」といって、動物にぶつかってしまった時にクルマにダメージを与えないために付けられた、サファリラリー独特のもの。

キレイなショーカーを見るのも良いですが、実走車を見るとその時の臨場感を味わうことができて良いですよね。

   

D1GPエキシビジョンで、タイヤスモークをあげながら迫力の走りを見せたD1マシン達もガレージに集結。

D1ドライバーって怖そうなイメージだったのですが(ドライバーの皆さん、ごめんなさい)、ガレージに出てきてファンの方と写真を撮ったりと、ファンサービス精神旺盛ではありませんか! そして、あの激しい走りからは想像できない優しい笑顔にキュン。そのギャップがまた、D1ドライバーのたまらない魅力です。

ガレージの外に目をむけてみると個性溢れる出展社がずらり! オートサロン屋外verという感じです。屋内のイベントも良いですが、お天気の良い日は屋外イベントが最高に気持ちが良いですよね。

乗用車にスポーツカー、レーシングマシンにチューニングカーと、見て回るだけでとっても楽しい「モーターファンフェスタ」。久しぶりにたくさん歩いて、良い運動になりました!!

(写真:clicccar編集長小林和久/文:yuri)

【関連記事】

国内最大級のグリッドウォーク!富士スピードウェイのホームストレートを88台の名車が埋め尽くした!!
https://clicccar.com/2017/05/04/469397/

思いっきりスピン体験! 安全で正しいドライビングを学べる「モビリタ・スペシャルエクスペリエンス」
https://clicccar.com/2017/05/04/469252/

ここはディーラー?それともオートサロン?個性あふれるブースが多数出展!【モーターファンフェスタ】(http://clicccar.com/2017/05/06/469525/)