74歳の青木功はあと1打でエージシュート(撮影:小路友博)

写真拡大

<ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント 初日◇6日◇麻倉ゴルフ倶楽部>
先週の「中日クラウンズ」にて74歳でツアー最年長出場をはたした青木功。この日は自身が実行委員を勤めるチャリティ大会、「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」に出場。2バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“75”で惜しくもエージシュートに1打届かなかった。

悔やんだのは14番のダブルボギー。セカンドショットで残り距離を間違え、大きくグリーンをオーバーすると、リカバリーもできずスコアを落とした。「まだ試合感が戻らないな」、伝家の宝刀・チップショットの距離感も合わず、目標としていたパープレーは達成できなかった。
スコアには不満が残るが、「オレは青い芝の上に立てれば幸せだよ」と笑顔を見せた青木。日本ツアー機構の会長としての激務もあり、満足に練習やコンディション調整もままならない。しかし、先週もそうだがこのチャリティ大会でも先陣を切って大会を盛り上げようと奮闘している。
「明日は、やるそ!」。ゴルフ界の戦い続けるレジェンドはそう言うと笑顔でサインを待つファンのほうへ歩き出した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

セクシー女王アン・シネは2つ伸ばす ギリギリ露出ミニスカに大ギャラリー夢中
4メートルから5パットでトリプルボギー そのホール、石川遼に何があった?
アン・シネにみんなが夢中!セクシークイーンフォトギャラリー更新中
見た目は派手でもプレーは堅実 セクシークイーンは“バランス”が売り!【どこよりも早いスイング解説】
グースでスピン! 低止め可能の単品ウェッジが再び!